[ドクターの㊙レシピ] 無農薬の林檎の奇跡

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命力あふれる作物は生きる力になる

完全無農薬のりんごを栽培するのは、その道のりが書籍や映画になるくらい難しいもの。

今回プレゼントしていただいた青森県の内山果樹園のりんごもまた完全無農薬なのですが、どうやらこれまでピエールが聞いたことのある方法とは違うみたい。

特別な物質で土そのものを改良するという全く新しい農法に30年以上の研究の末にたどり着いたとのこと。
これを八百結び農法として広めておられて、りんごだけでなく、お米でも無農薬に作れてしまうそう。

その特別な物質とは、天然の腐葉土から抽出された堆肥の成分。
それを消毒の代わりに土にスプレーするだけで土がふかふかになるというから何とも不思議なお話。

半信半疑でかじってみたピエールが驚いたのは、手のひらから伝わる生命力と力強い風味。
たっぷりとした甘味がありながらも後味はクリアーで皮までもおいしく、普通に出回っているりんごとはまるで別物でした。

ピエールが素晴らしいと思ったのはりんごの出来だけではなく、そのコンセプト
「目的は無農薬栽培でなく、持続可能な大地と共に生きる農業経営」と考え、長く研究を重ねてたどり着いた農法をみんなで使おうと全国に広めようとなさっていること。

有機的で生命力あふれる作物は私たちの生きる力になる、という医食同源の考えにも大きくうなづきたいところです。

そんな素晴らしいりんごを使ってのピエールクッキング。
同じ青森県産のマグロを軽くヅケにしてりんごと合わせ、ココナッツミルクや漬物を加えてオリエンタルな風味に仕上げました。
先日の三國シェフに作って頂いたリゾット寿司からのインスピレーションで加えた山わさびがまた、りんごと好相性だったのも新しい発見。
うっすらと火の通ったりんごの食感も楽しいですよ。
春巻きにりんご、是非お勧めします!

マグロとりんごの春巻き 医食同源レシピ

【材料】
マグロの赤身:200g
りんご:1/4個
ココナッツミルク:大さじ1
すぐき漬けの角切り:大さじ2
春巻きの皮:3枚
クローブ(粉末):少々
揚げ油

(A)
醤油:大さじ1
白ワイン:大さじ 1
ホースラディッシュ(擦りおろし):小さじ1

【作り方】
➀ マグロを薄めの削ぎ切りにし、(A)を合わせたタレで10分ほど漬け込んでから縦に細く切る。
② りんごもマグロと同じ大きさに切っておく。
③ 春巻きの皮にマグロ・りんご・ココナッツミルク・すぐき漬けの1/4量ずつを重ね、クローブを振って巻く。
④ フライパンに熱したオイルで揚げ焼きにし、醤油少々をつけていただく。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら