イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] ピースを祈ってピーチで夏の2品

[ドクターの㊙レシピ] ピースを祈ってピーチで夏の2品

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平和のシンボル桃

終戦記念日は“ピースを祈ってピーチ“、…といってもただの語呂合わせではなく、の発祥の土地である中国では平和のシンボルとされてきたから。

よく聞く「桃源郷」は中国の古い文学作品からで、「桃林に囲まれた平和な場所に、数百年前の戦争を避けて隠れ住み始めた人々がおり、そのまま何も知らずに住み続けている」というお話し。ここから転じて、桃=戦乱やもめ事のない理想的な場所の象徴となったわけです。

桃はシルクロードを通って西洋にもたらされましたが、そちらでも桃の枝には邪気を退ける力があるといわれていたり、キリスト教においては救済を表す聖母マリアの表象物であったりと、やはり平和を表すには事欠かない果物です。

ピエールが平和を祈って作ったのが、桃を白ワインで煮てミキサーにかけ、アーモンドヨーグルトと混ぜた我ながら絶品スープ。

アーモンドヨーグルトは、アーモンドミルクを乳酸菌で発酵させたもの。
ビタミンEたっぷりで乳酸菌が腸内環境を整えるうえ、桃に含まれるペクチンが善玉菌を増やして腸の動きを活発にしてくれるので、便秘解消には最適なスープ

アーモンドの香ばしさとトッピングに乗せたの酸味もアクセントになり、温かくても冷たくしても美味しい一品です。

ポイントは、イタリアのモスカート・ダスティという甘口の白ワインを使うこと。
モスカート種はマスカットの別名で、バラのような華やかな香りのワインになり、桃の香りと非常に良く合うのです。
さらに同じ材料で、桃とスパークリングワインを使うカクテル「ベリーニ」をアレンジした食前酒も。

モスカート・ダスティはカジュアルなお値段のものも沢山あるので、桃づくしのピースフルなおもてなしに是非、使ってみて下さい。

桃とヨーグルトのスープ 医食同源レシピ

✳️桃とヨーグルトのスープ✳️

【材料】

(A)
桃 : 大きめ1個
白ワイン(モスカート種): 200ml
ローズマリー : 1枝

アーモンドヨーグルト : 大さじ2〜3
(普通のヨーグルトでも)

松の実 : 小さじ1
梅フレーク:適量
黒胡椒:適量
オリーブオイル:適量

【作り方】

① Aの材料を鍋に入れて弱めの中火にかけ、15分ほど煮る。

② 粗熱が取れたらミキサーにかけ、再び鍋に戻す。

③ ヨーグルトを加えてサッと混ぜる程度に火を通す。

④ 松の実を入れた器に③のスープを注ぎ、オリーブオイルと梅フレーク、黒胡椒をトッピングする。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

Today is the day of WW II for Japanese.So I would like to pray for the peace with peach dishes.Actually, this is not just the wordplay.
Because peach is the symbol of beauty and peace in China, and in Christianity it is the representation of the Virgin Mary showing salvation.

So prepare the summer soup by simmering such peaceful fruit in white wine, mixing them with almond yogurt.
The point is to use the Italian sweet white wine, Moscato d’asti.Moscato has the rose-like scent that goes very well with the peach scent.

Using the same ingredients, you can also make savory aperitif like “Bellini” .Looking at those dishes, and pray.May peace be in the world.

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら