イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] メンタル上がる!イカと人参の赤ワイン煮

[ドクターの㊙レシピ] メンタル上がる!イカと人参の赤ワイン煮

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お手軽マンマの味・トスカーナ編

友達が来るけど、忙しくて準備ができない時のレシピ!
その昔、ピエールがイタリアを旅していたときにトスカーナのマンマに教えてもらった家庭の味です。

レシピといっても難しいことは何もなく、材料をお鍋に入れたらあとは放っておくだけ。

教科書的に魚介類=白ワインのイメージですが、これはトスカーナを代表する赤ワイン、キャンティで作ります。イカのワタも使うので生臭くならないのかと心配になる人も多いと思いますが、ワタの濃厚さがむしろ赤ワインの風味ととても良く合うのです。

イカにはほとんどのビタミン類が存在していて、中でもナイアシン(ビタミンB3)が多いのが特徴ナイアシンは三大栄養素をエネルギーに変えるのを助ける働きのほか、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進してくれます!

またナイアシンはセロトニンと言うリラックスをさせる脳内ホルモンを作るのに必要不可欠なビタミン。コロナの影響もあってメンタルが凹んでいるなら、積極的に食べてもらいたいな。

イカに含まれるタウリンは疲労の回復や肝臓のレスキューにも効果的
タウリンは熱に強い性質を持っているので、このように気長に煮る料理でも消失しません。

レシピで唯一のポイントは、人参でイカをおおうようにして煮ること。
言わば人参で落とし蓋、です。

キャロット=カロテンが語源なことからも分かるように、人参は他の緑黄色野菜と比較してβカロテンの量がズバけて高く、強い抗酸化力で体の中が錆付くのを防ぎます。人参は外側に近いほど栄養価が高いため、皮を含めた外側には中心部の2.5倍もβ-カロテンが含まれています

無農薬の人参で皮は剥かずに食べるのがピエールのこだわりです。

このお料理は冷めても美味しいので、多めに作っておくと「あと1品」という時に最適ですよ。

イカと人参の赤ワイン煮 医食同源レシピ

✳️イカと人参の赤ワイン煮✳️

【材料】

(A)
スルメイカ : 1パイ
生姜 : 薄切り2枚
赤ワイン : 200ml
塩 : ひとつまみ
赤唐辛子 : 1本
黒胡椒粒 : 小さじ1/4

人参 : 大きめ1本… 厚さ2〜3mm、2cm四方の拍子切り

バルサミコ酢 : 小さじ1

デュカスパイス

【作り方】

① 鍋にAの材料を入れ、人参を全体におおいかぶせるように乗せる。

② 弱火にかけ、汁気がほとんどなくなったらバルサミコ酢をからめる。

③ お皿に盛ってデュカスパイスを振る。


シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

‘Squid and carrot braised in red wine’, the special recipe Pierre learned from Italian Mamma.

It’s the hangover-free dish very easy to make.Because squid is rich in niacin (vitamin B3), to promote the breakdown of acetaldehyde, which causes the hangover.And taurine contained in squid enhances the detoxification effect of the liver and accelerates the decomposition of alcohol.

As the origin of carrot is carotene, carrot has the significantly higher amount of β-carotene than other vegetables, and it has the strong antioxidant effect.

The outer part of carrot including skin contains β-carotene 2.5 times as much as the central part,
so it’s better to use pesticide-free carrots without peeling the skin.

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら