イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] 髪を黒黒させる鶏モツとかぼちゃの炒め物

[ドクターの㊙レシピ] 髪を黒黒させる鶏モツとかぼちゃの炒め物

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性も女性もリグナンで髪の毛フサフサ

実のしっかりとした立派なかぼちゃを頂戴しました。かぼちゃは捨てるところがないと言われますが、本当に皮から種まで栄養がたっぷり

その中でも“リグナン”と呼ばれる植物エストロゲンは髪の毛に良いのです。毛母細胞を萎縮して薄毛を進行させる男性ホルモンを抑制してくれたり、大豆イソフラボンのように女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。ちなみにリグナンはカボチャの種に特に豊富。

かぼちゃの種は髪を黒々させてくれる亜鉛などのミネラルや良質な不飽和脂肪酸が多く含まれているので、髪の毛にお悩みのある方はおつまみでポリポリしてね。
かぼちゃと言えばビタミンAの元となるβカロテンが多いことで有名ですが、実は皮やワタに多いのはご存じでしたか?ワタには果肉のなんと5倍も!ワタは食物繊維のかたまりでもあるので、捨てずに一緒に炒めると健康に良いですよ。

ということで、男性も女性も髪の毛をフサフサ、黒黒させるためにはビタミンA祭りにするのが一番!

かぼちゃだけでなく、今回選んだレバーや砂肝はビタミンAを多く含んでます。ビタミンAは紫外線のダメージからの回復に役立つので、髪の毛のためにもお肌のためにもこれからの季節には必須な栄養素

苦味のあるトレビスも一緒に炒めて、まったりしがちなかぼちゃやレバーにアクセントを与えてみたら美味でした!
そんなビタミンA祭りのレシピです。

鶏モツと南瓜とトレビスの炒めもの 医食同源レシピ

【材料】
鶏モツ(レバー、ハツ、腸、砂肝など) : 200g
きんかん(鶏の卵巣) : 4個
かぼちゃ : 150g…5mm幅に食べやすく切る
トレビス : 5枚
ザーサイ : 100g…水に10分漬けて塩抜き後、薄切りにする
にんにく : 1片…軽くつぶす
赤唐辛子 : 1本
ワイン(赤でも白でも) : 大さじ2
アボカドオイル : 大さじ1/2
チャービル : たっぷり

(A)
ナンプラー : 小さじ1
オイスターソース : 小さじ2
黒胡椒 : 適量

【作り方】
① 鶏モツは白い脂部分や血をきれいに掃除し、塩水に5分ほど漬ける。洗い流して、新たにワインで漬けておく

② フライパンにオイルをしいてニンニクと赤唐辛子を弱火にかけ、香りがでたらレバー以外の鶏モツとかぼちゃを入れて炒める

③ 大体火がとおったら、ザーサイ、きんかん、レバー、トレビスを入れて2分ほど炒める

④ Aの調味料で味付けをしてお皿に盛り、チャービルをたっぷり添える。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Stir fried giblets and pumpkin for your healthy hair.

Pumpkin is full of nutrition.Even skin and cotton contain a lot of β-carotene.Also, phytoestrogen called “lignan” works on the hair!It suppresses male hormones which promote thinning hair and acts to balance female hormones.

Pumpkin seeds are high in this lignan and minerals such as iron and zinc to make the hair healthy.And vitamin A is the best way to keep our hair healthy!Vitamin A is also the essential nutrient in the summer as it helps to recover from UV damage.

Get plenty vitamin A from liver, gizzards, and pumpkin with this dish!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら