イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 【シェフドクターrecipe】つい踊りたくなる稚鮎のアヒージョ

【シェフドクターrecipe】つい踊りたくなる稚鮎のアヒージョ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医食同源的アヒージョの作り方

いよいよ川を上りはじめ旬を迎えた稚鮎と、名残りのタケノコ。
このゴールデンコンビをアヒージョにしようっていうのだからテンションが上がらないはずがない!

稚鮎は骨まで丸ごと食べることが出来るのでカルシウム摂取に最適だし、内臓も食べればマグネシウムの補充もミネラルだけでなく、ビタミンAB群CDEKビタミンの宝庫でもあります。なかでもビタミンEの含有量は魚類トップクラス強力な抗酸化作用から’若返りビタミン’と呼ばれることもあるビタミンEは脂溶性ビタミンなので、良質なと摂ることで吸収率もアップします。
今回はアボガドオイルと一緒に調理してます。

もう一つの主役であるタケノコはピエール的には網やフライパンでこんがり焼いてお塩お醤油を絡めても美味しいし、サラダやパスタの具としてもこの時期重宝している食材。

ちなみに茹でタケノコについている白い小さなかたまりのようなものは、チロシンというアミノ酸なので取り除かずに調理してねチロシンは体の代謝を促す甲状腺ホルモンや、集中力を高めるアドレナリンの材料になっています。テンションが上がって踊りだしたのは、タケノコをちょびっと味見したからかもしれません。

鮎の繊細な味を真っ向から引き立ててくれる感じはまさに東西の横綱そろい踏みといったベストマリアージュ。

今回のように柔らかくオイル煮した稚鮎はオイルごと瓶に詰めれば冷蔵庫で2か月は保存できます。
そのまま食べても美味しいのですが、ソースとしても使えます。

筍と稚鮎のオイル煮  医食同源レシピ

【材料】 
茹でたタケノコ : 1/2本分…好みの大きさに切り分ける
稚鮎 : 10尾〜
ニンニク : 2片
赤唐辛子 : 1本
アボカドオイル : 1カップ

【作り方】 
① フライパンにオイルとニンニク、風味づけの赤唐辛子を入れて弱火にかけ、香りが立ったら筍をいれて煮る

② 3分煮たらタケノコを取り出し、稚鮎を入れて更に3分ほど火を通す

③ 保存用→煮沸消毒した瓶に筍と稚鮎を別々に入れて新しいオイルを注ぐ。冷蔵庫で2か月ほど保存可能

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Today, I boiled the remaining bamboo shoots and young sweetfish in avocado oil.I heated them at very low temperature like confit or say Ahijo.

Bamboo is also essential for Japanese. The white dots on the boiled bamboo shoots are a nutrient called tyrosine, so don’t remove them. Tyrosine is a hormone material that promotes growth and concentration.Since young sweetfish can be eaten with whole bones, it is ideal for calcium and magnesium intake.

In addition, it contains A, B group, C, D, E, K… most kinds of vitamins!Among them, Vitamin E content is top class among fish.Vitamin E, which is sometimes called a “rejuvenating vitamin” due to its powerful antioxidant effect, is a fat-soluble vitamin, so taking with oil will also improve the absorption rate.
This dish could be stored in the fridge for 2 months. 

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら