ヘルシーに酢豚を楽しむ方法教えます!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で様々に愛される酢豚料理

世界で一番見かける中華料理はやっぱり酢豚だと思う。
日本でもヨーロッパでもアメリカの片田舎であっても必ずといって良いほど目にする!

それも酢豚の歴史を知ればそれも納得で、広州で西洋人向けに糖醋排骨というお料理をアレンジしたものだから
アヘン戦争の後に華僑がヨーロッパやアメリカに移り住む過程で世界各地に広がっていったのですね。

香港や広州では酢豚の味は英国黒醋、つまりウスターソースで決まると言われていて、本場広州では店ごとにウスターソースこそが腕の見せどころ
ウスターソースはインド→イギリス→香港みたいな流れで伝来したようで、モルトビネガー砂糖、ホースラディッシュ、胡椒、シナモン、スターアニスなどハーブたっぷりなものが基本形。

 糖化ストレスの高い酢豚を食べるの秘訣は?

Dr.ピエールも大好物な酢豚は健康という観点からは糖化ストレスの高い食べもの・・・

高温で調理している上にソースにも砂糖もたっぷりで決してヘルシーではないので、Dr.ピエールは必ずブロッコリーサツマイモなどの食物繊維の多いお野菜と一緒に食べています。

ちなみに日本風にケチャップを使う場合は、ブドウ糖果糖液糖の含まれていないものを選んだほうが良いと思います。
ブドウ糖果糖液糖はお砂糖よりも糖化ストレスが高いので、無添加なケチャップでヘルシーにいきましょうね!

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら