イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ ドクターの食卓から] ビヤホールではなぜ枝豆とビールを呑ませるのかを考察

[ ドクターの食卓から] ビヤホールではなぜ枝豆とビールを呑ませるのかを考察

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代からのトレンド枝豆

こんなに暑い日はみんなでビヤホールで冷たいビール枝豆というのは夏の贅沢ですが、コロナ禍でそうもいかない今日この頃。

そもそも夏に枝豆というのは江戸時代からのトレンド。商人が塩ゆでした枝豆を売り歩き、それをファストフードのように歩きながら食べるのが夏の風物詩だったみたい。

枝豆は大豆を未熟な状態で収穫したものなので不思議な感じですが、植物分類学上は豆類ではなく野菜類に分類されているんだって。理由としては野菜と同じぐらいビタミン類が多く含まれているから。つまり大豆と同じように良質なたんぱく質を含むうえ、野菜としてビタミンも豊富という、いいとこどりな食材。

枝豆は疲労回復や夏バテ解消に効果的

実は医学的にも夏・枝豆・ビールというのは理にかなった取り合わせ。

枝豆はメチオニンがアルコールの分解を促して二日酔いを防ぎ、シジミにも多く含まれるオルニチンが肝臓の回復を促してくれるというなんともビール大好き人間のために生まれてきたかのような食材。

その上、疲労回復や夏バテ解消に効果的なビタミンB1の含有量が野菜ジャンルでトップクラスとくれば、お通しで枝豆が出てくる理由はより多くのお酒を飲んで欲しいという経営者の戦略なのかもとまで思えてきた。

枝豆の塩茹でも美味しいのですが、中華圏では剥いた枝豆を高菜の漬けものと炒めたものをビールと一緒によく食べます。高菜にもビタミンB群が豊富なので、枝豆との相性はバッチリ。また豊富な食物繊維に加えて乳酸菌による発酵効果で整腸効果もバツグンなのも嬉しい。

この量の枝豆を剥くのはなかなか大変だから、熱々を口いっぱいにほおばる幸せを噛み締めるのはレストランでの方が良いかもです!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

In Japan, many people enjoy boiled “Edamame” with beer in summer.

Although it is unripe soybean, it’s classified as vegetable because rich in vitamins.
Above all, it is very rich in vitamin B1 to recover from fatigue and promote metabolism of sugar.

And methionine promotes the decomposition of alcohol, and ornithine helps the recovery of the liver, so it’s the perfect partner for beer.

The photo shows stir-fried soybean and pickled leaf mustard.
Salted leaf mustard is also rich in vitamin B, and contain a lot of dietary fiber.

You can simply sprinkle some salt on Edamame to eat, but this way it’s even better for your health!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら