銀座のキャビアは精神安定剤

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い宝石キャビアが貴族や富裕層に愛される理由

「銀箔」に「鎮座」するキャビアを「銀座」の地でいただくという洒落たアミューズ。 ジャージー牛の生クリームとの相性も美しい。

ここは友人の有馬ソムリエが、アラン・デュカス氏に師事された上野シェフとスタートしたコンテンポラリーフレンチ。お二人のせめぎ合うようなワインペアリングが素晴らしいレストラン。

世界有数の高級食材、キャビア。この黒い宝石が貴族や富裕層に愛される理由は、その風味が絶賛されたこともあるのでしょうが、皇帝や王様に献上されてきた歴史にあるのかも。というのも、ペルシャ人はチョウザメ‘病気を直し体力を回復するもの’と信じ、ローマ人は高貴な’神の魚’と呼んで宮廷料理とし、中世のイギリスでは全てが王家の消費のために確保され、王族のための魚「インぺリア・フィッシュ」と称されていたから。

神に例えられるのは、シーラカンスなどと同じく3億年近く前から殆ど姿を変えていないことに由来するのかもしれませんね!

キャビアの健康効果

乱獲がすすみ、絶滅の危機に陥ったことからワシントン条約で捕獲制限が課せられ価格が高騰したキャビア。現在は世界各地で養殖の取り組みが行われていますが、長いもので寿命が100年のチョウザメは産卵までに10年近くかかるために未だ養殖といっても高価な食材です。

キャビアには神経の働きを正常に保つビタミンB12や、ストレスを緩和するパントテン酸が含まれているので、何かと気を使いそうな王族貴族の精神安定にも一役かっていたのかも知れません。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

Le Signe ル・シーニュ
東京都中央区銀座5丁目4−15 6階

 

At the newly opened French restaurant in Ginza, experienced wonderful combination of the chef’s contemporary cuisine and sommelier wine pairing.As an amuse, served caviar with jersey beef cream on the silver leaf.Caviar, the black gem, has been offered to emperors and kings for a long time.

Persians believed sturgeon was “a cure for disease”,The Romans call it ‘The God Fish’,And in England, it was the “Imperial Fish” only for the royal family.

But caviar was threatened with extinction due to overfishing, and prices rose due to the CITES capture restrictions.Currently, aquaculture is progressing all over the world, but it’s still expensive because it takes 10 years for sturgeon to lay eggs.

Caviar contains vitamin B12 to keep nerves functioning normally, and pantothenic acid to relieve stress.So it may have helped the mental stability of the busy royal family.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら