神に捧ぐハーブでホルモンアゲアゲ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピエールがこれまで食べてきたガパオ炒めの中で印象に残っているのはバンコクでフランス人が営む熟成肉専門レストランで和ガパオをブルゴーニュワインと共に楽しんだ時のこと。

元が屋台料理とは思えない見た目のこれは辛みを抑えて炒め汁をソースのように仕上げてあり、どこかエキゾチックなフランス料理のよう。

ガパオ炒めには挽き肉が使われることが多いのですが、これは塊で煮込むことによって噛み応えが生まれ、お肉の熟成度も加わって調味料に頼らずとも満足感が得られるのが嬉しいところ。
本来難しい組み合わせとされてきた“繊細なワインとタイ料理”の新しい可能性も見いだすことができました。

ガパオ炒めは代表的なタイ料理のひとつだからさぞかし歴史も長いのだろうと思いきや、実は初めて料理本に登場してからわずか40年!
40年でここまで国民的料理ならず日本にまで流通するなんて何ともすごいスター性を持ったお料理ですよね。

ちなみにガパオとはタイ語でホーリーバジルのことで、日本のスーパーにあるスイートバジルとは見た目も風味も大きく違う。ヒンドゥー教では神に捧げる植物だったことから“ホーリー=聖なる”と名付けられ、アーユルヴェーダでは重要な「不老不死の霊薬」としてマラリヤの治療にも使われてきたほど。

ガパオの抗酸化成分はストレスホルモンのコルチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させたり精神を安定させる効果がある
朝元気に起きられない人、どうにもやる気が出ない人、原因不明の肌荒れがあるひとは“副腎疲労症候群”と言われたりしますが、そういった方にもお勧めできます。また香りの成分である「リナロール」にリラックス効果があり、不安やストレスを解消することから心身ともに若さを保つ薬ともされてきたのでしょう。

バンコクの暑さだとお弁当腐らないのかなと心配になることもありますが、実はガパオには強力な抗菌作用があり、天然の抗生物質としてあらゆる種類の細菌やウィルスから身体を守る働きがあります

本場のガパオを再現したいところだけど、コロナの影響で海外からのハーブが品薄な昨今。
その間はピエール流のバジルを使わない”ガパオ風”炒めをご紹介させていただこうかなと思っていますのでお楽しみに!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

“Stir-fried meat with Holy Basil” is a typical Thai street food, and the one made from Japanese Wagyu is the signature of the aged beef restaurant in Bangkok.It’s amazing how street food is arranged like French cuisine.They stewed chunks softly instead of using minced meat as usual.The deep aging taste of the meat and the sauce are excellent, and I found new possibilities in a marriage of delicate wine and Thai food.

This dish is one of the typical Thai food, but it first appeared in the cookbook only 40 years ago.Became popular overseas in 40 years.…What a star you are!

Holy basil is very different in appearance and flavor from sweet basil.It was named “Holy” because it was dedicated to God in Hinduism, and was an important “immortal elixir” in Ayurveda.Considering the reason, its antioxidant components have the effect of suppressing stress hormones, activating the rejuvenating hormone “DHEA” and stabilizing the mind.In addition, a scent component “Linalool,” has a relaxing effect and eliminates anxiety and stress.Maybe that’s why people regard it as a medicine to keeps youth.

In hot Bangkok, sometimes I’m worried about the freshness of lunch box, but holy basil has a strong antibacterial action and protects the body from all kinds of bacteria and viruses.However, since herbs from overseas are currently out of stock due to the corona, I will introduce my original version using different herbs soon!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら