イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 半生の鹿ジャーキーを食べれば疲れ知らずの人になれるかも

[ドクターの食卓から] 半生の鹿ジャーキーを食べれば疲れ知らずの人になれるかも

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄分豊富な鹿肉で貧血防止

鹿ジャーキーなるものに名店のワインバーで出会った。
半生感の残るお肉にシチリアのレモンとオイルを垂らして食べれば、鼻から抜ける香りがイタリアそのもの。

「身ごもったら布団を質に入れてでも鹿肉を食べよ」という言い伝えがあるほど、鹿肉は昔から体温を上げ、免疫力を高める肉として珍重されてきました。

その理由は鹿肉に含まれる豊富な鉄分
貧血になりがちな妊婦さんの赤血球が作られることで体内の酸素量を増やし代謝促進につなげてくれるというわけです。鹿肉に多く含まれるヘム鉄は、野菜などに含まれる非ヘム鉄に比べて吸収率が高いので、貧血の人には特にオススメ
お母さんが鉄不足であることは、お子さんの発達に関係するから要注意!

疲労回復成分バレニン

貧血の少ない男性にとっても鹿肉を食べるメリットがあります。
鹿肉に含まれる疲労回復成分の「バレニン」は、疲れ知らずに動き回る渡り鳥や回遊魚や多く含まれるイミダペプチドの一種。肉体だけでなく精神の疲労回復や、睡眠の質の改善に効果的です。

ビタミンB群豚肉の約2倍も含んでいるので、チョコラBBも良いですが疲れた時は鹿肉を食べるのは理にかなってますね。

鹿肉は自然の食べ物で育つ為、成長ホルモン剤によるアレルギーや残留農薬等による汚染の心配が極めて少ないのもピエール的には嬉しい点です。

vineria HIRANO
東京都渋谷区千駄ケ谷2丁目5−5 1F

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら