タケノコを食べれば受験に勝てるかも!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タケノコで脳を活性化!

タケノコといえば春の野菜の代表格ですが、長岡京の朝掘りの筍をお正月早々天ぷらで頂く機会に恵まれました。

つい先ほど掘り起こされるというこれ以上ないほどの抜群のコンディションでいただくタケノコはみずみずしく、ビックリするほどフワフワでほっぺがとろけそう。

実はタケノコはアンチエイジング医学の世界でも大注目されている食材。
タケノコに含まれるチロシンというアミノ酸が、脳内でアドレナリンに変換されることで脳を活性化!
アドレナリンが多くなるとやる気や集中力アップが期待できますので、これから試験を迎える受験生にもオススメですね。

医食同源  ~出世運の良い縁起物~

昔からタケノコは「まっすぐ伸びる」「早く成長する」ことから出世運の良い縁起物なので、そういった意味からも受験生には必要不可欠か!?

この日はお料理だけでなく、タケノコの講義付き。
勝手に育ちそうなイメージもありますが、プロが使うような高級タケノコは土壌作りや風の向き、そして大きくなった竹を伐採するなどとても手がかかることを知りました。

こんなに詳しく教えてもらえたのも、看板娘の”お姉ちゃん”がタケノコがご縁でご結婚なさったから。
新春から幸せそうなお顔を拝見してDr.ピエールも良い運気のお裾分けしてもらえました。
次はタケノコの現場にも行きたいです。

天ぷら 松
京都府京都市右京区梅津大縄場町21−26

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ    

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら