広州のリゾートで「猿の頭」の薬膳スープ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国四大珍味、猿の頭⁉

広州で超大富豪にご馳走していただいた「猿の頭」の薬膳スープ。
といってもお猿さんではなく、「白ヤマブシタケ」というキノコのこと。

中国では四大珍味のひとつで、古来より漢方薬としても珍重されています。ヤマブシタケだけが持つ成分に脳を活性化させる働きがあることから認知症予防に効果的免疫力も高めるので、アンチエイジング目的にも人気です。

何よりも嬉しいのは、グルタミン酸が多く含まれている上に長期間の生育で熟成されているので、旨味がたっぷりなこと。鍋の具材として入れると、スープの味がグッと深まるのでおススメです。

最近では日本でも栽培しているところが増えてきたので、白いお花のようなキノコを見かけたら是非お試しを!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

Imperial Springs Spa
510970, 広州, 1 Imperial Springs Avenue, Conghua

 

Chinese “Monkey head” soup served by a billionaire in Guangzhou.

Actually, it’s not a monkey, but a coral mushroom.It is one of the four major delicacies in China and has been prized as a traditional medicine since ancient times. It is effective for preventing dementia because the component activates the brain. It is also popular for anti-aging purposes since it also boosts immunity.

Best of all, it has a plenty of Umami flavor from rich glutamic acid and by growing for a long time.Recently, the number of grower has increased out of China, so if you see mushrooms like white flowers, try to add it as a hot-pot ingredient.It will deepen the taste of the soup for sure!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら