長芋を食べるとホルモン年齢が上がる?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長芋でホルモン力を上げる

長芋は健康に良いというイメージがあると思いますが、実は古今東西でそう思われています。
漢方では、長芋の外皮を取り除いて乾燥させたものは「山薬」と呼ばれ、整腸や滋養強壮などに効く生薬として紀元前から利用されてきました

一方の西洋の伝統医学でも長芋は「ジオスゲニン」という成分の力でホルモン力を上げて更なるアンチエイジング効果が期待されています。
なぜならこのジオスゲニンは、免疫力を規定する副腎から分泌される免疫力ホルモンであるDHEAと構造が非常に似ているから。

若返りたいなら長芋!

DHEAは体内で女性ホルモンや男性ホルモンに変換されます。
そのためDHEAが減るとそれらのホルモンの分泌量も減って抵抗力が減ったり、老けやすくなったりします。

私のクリニックで使っている女性ホルモンのお薬は細胞医療先進国であるドイツから輸入しているものですが、その原料はなんと長芋なのです。

そういう意味でお食事の中盤でお願いした潮州料理の長芋と高菜の炒め物はホルモン力アップに最適な一品。
ちなみに潮州料理は高菜の仲間のからし菜を塩漬けにした鹹菜を料理に多用するのが特徴です!

疲れた時や若返りたい時は本能的に長芋を食べたくなると思いますが、やはり理由があるのですね。

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ    

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら