イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 胸腺肉を食べたらアレルギーが治るかも

胸腺肉を食べたらアレルギーが治るかも

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレッシュな胸腺肉はクリーミー!

仔牛の胸腺肉はフランスでは「リ・ド・ヴォー」と呼ばれ高級レストランのメインを張る希少な素材の1つ。

日本では「ノドシビレ」と呼ばれて庶民的な焼肉屋さんでも見かけることもありますね!

この日は会員制ステーキ屋さんでフレッシュな胸腺肉に遭遇。
フレンチでいただくリ・ド・ヴォーは外がカリカリで中はフグの白子のようにクリーミーな触感!

癖のある香りもあるのでチーズや濃いマデラソースを合わせることが一般的。
一般に出回っている胸腺肉は冷凍のことが多いようですが、フレッシュなものは外もしっとり焼きあがっていて、香りもクセのないミルキーさがたまりません。

免疫力を高める組織とは⁉

ところで胸腺とは人や牛などの哺乳類ではリンパ球を成熟させることで免疫力を高める組織

大人になるにつれて胸腺は小さくなるので、1歳前後の仔牛にしかないので希少なわけです。

人でも歳を取るにつれて胸腺が小さくなり、感染症、がんや膠原病などの免疫に関係する疾患が増えてきます。
もちろん免疫とは複雑なシステムで成り立っているので、胸腺が減ってしまうことだけが原因ではありませんが、異物と戦うための大きな役割を果たしていることだけは確かです

日本では更年期障害、肝障害やアンチエイジングのために胎盤由来のプラセンタ注射を行っている人が少なくありませんが、ドイツなどの自然療法の世界では胸腺由来の成分をがんや免疫疾患のために注射したりすることが割とポピュラーな代替療法。

昨日のDr.ピエールはアレルギーによると思われる痒みがあったのですが、不思議なことに胸腺肉を食べたらすっかり止まってビックリ!
調子の悪い臓器を食べると調子が良くなるという同物同治の観点からは、免疫力が下がっている時に胸腺肉を食べるのアリですね。

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ  

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら