イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から]ひじきたっぷり薬膳ドライカレー

[ドクターの食卓から]ひじきたっぷり薬膳ドライカレー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひじきの薬膳ドライカレーを初体験

薬食同源、医食同源に関しては日本や中国だけではなくインドも先進国。

日本最古のインド料理店であるナイルレストランの流れを汲むお店で、バターや生クリームを使わない乳糖不耐症のピエールにも優しいカレーをいただきました。
こちらではアーユルヴェーダの食養生に習って古くから薬膳カレーを提供し続けています。

その中でも見たことのない、聞いただけで究極的にヘルシーかなと思ってオーダーしたのが“ひじきの薬膳ドライカレー“。

ひじきに豊富なカルシウム牛乳やレバーなどの動物性食品からも摂取できるけど、ひじきには脂質がほとんどないのでヘルシーに食べたいときはひじきが正解。

水溶性食物繊維が水分を吸収して膨張するので、お米やナンを食べるときに気になる糖の吸収に伴う血糖値の上昇も穏やか。

このカレーはひじきがお米と1:1と低カロリー・低糖質なので糖尿病や高脂血症の人でも安心していただけます。

お米とひじきとスパイスの妙!

カレーの美味しさを決定付けていると思ったのは緑茶のような香りがするフェヌグリークの葉。
フェヌグリークはヨーロッパや中国では胃腸や強壮に、インドのアーユルヴェーダにては生殖器の衰弱に効能があると伝えられ、ミネラルビタミンを含むうえ、女性ホルモンのバランスを整える古くから重宝されてきたスパイス。

付け合わせも萌えます。

脇を固めるのは、消化を助けるダール豆のスープやβカロテンたっぷりのモロヘイヤと温性スパイスのカレールー。
とろみはモロヘイヤ由来だそうで小麦粉を使わないとこんなにも食後感が軽いのかと思うほど!目に見えているよりはるかに沢山のお野菜が摂れて、翌日はスッキリお腹も気分も快調。

お米ひじきスパイスというアイデア、和食でも色々とアレンジできそうだからレシピを考えるのが楽しみです。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら