イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ ドクターの食卓から] 肌を綺麗にしたいならオクラのパスタかな

[ ドクターの食卓から] 肌を綺麗にしたいならオクラのパスタかな

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生を変える出来事

ピエールは40歳を超えた頃にニキビと赤ら顔に悩まされるようになった。
なかなか診断がつかず、大学病院を転々とした結果”酒さ”っていう超難治性のニキビの一種だと知った。

日本でたくさんの偉い先生に診ていただいたものの、学会的には治せない前提だと知ったピエールはロサンゼルスに渡り一人の教授に出会った。
彼女が言ったことは、乳糖を摂らないこと、腸内環境を整えること、ウコンのジェルを使うこと

フレンチに行くことも多かったピエールとしては、バターチーズを避けなくてはならないことは中々に人生を左右する出来事。
また教授の教えに従って自分の腸に合わない食べ物を避けるだけでなく、腸内環境を良くするためには水溶性食物繊維を欠かさず食べることにしてみた。
そう言った経緯もあってここ何年か好んで食べているのがオクラ

オクラの栄養素  医食同源効果

オクラでまず注目すべきはビオチン。オクラは野菜類の中で最もビオチンを含む食材。ビオチンには3大栄養素の代謝をサポートし、皮膚や髪の健康を保つ効能があります
またオクラは不溶性食物繊維水溶性食物繊維がバランスよく含まれているので、お通じが緩かったり、便秘改善したい人にはオススメです。

オクラはサラダにしたり、お浸しにしたり食べ方は盛り沢山ですが、ピエールの定番はパスタにすること。
グルテンフリーパスタでニンニクオリーブオイル、かんずりとカツオの塩辛をアンチョビに見立ててアーリオオーリオエペペロンチーノに。

グルテンが苦手な人や乳糖不耐症の人には一度試して欲しいかも。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

If you want to make your skin beautiful , then try Okra Pasta.

Pierre began to suffer from acne after 40.It was difficult to diagnose but finally I found this is rosacea.

I traveled to Los Angeles to meet the famous dermatologist in UCLA.What she said to me was to avoid lactose, improve the intestinal environment and use turmeric gel.

It was not easy for Pierre to avoid butter and cheese , so this was the life-changing event.

In addition to avoid foods that doesn’t fit your intestines, I learned the importance to take the water-soluble dietary for improving the intestinal environment.Since then Okra has been my favorite for the past few years.

The first thing to notice about Okra is biotin. Okra is the most biotin-containing ingredient in vegetables. Biotin has the effect of supporting the metabolism of three major nutrients and maintaining the health of skin and hair.Okra also contains a good balance of insoluble and water-soluble dietary fiber.

There are many ways to eat like salad, dip but Pierre’s favorite is pasta.Garlic and olive oil, citrus and bonito salted like anchovies and cool like Ario Orio Peperoncino.

This is my favorite dish when spending the weekend quietly with wine.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら