イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 前立腺がんになった後の食事 > 前立腺がん① 前立腺がんの増加とライフスタイル【動画】

前立腺がん① 前立腺がんの増加とライフスタイル【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

本日は、東京慈恵医科大学泌尿器科教室のDr.小池に、前立腺がんの話をお伺いしたいと思っています。

いきなり質問ですけど、前立腺って、女性には無いですよね。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

そうなんですね。無いですね。

Dr.ピエール大友

無い・・・ってことは、前立腺がんになる人は男性だけ。

Dr.小池

男性だけですね。

Dr.ピエール大友

ですね。女性は(ご自身のためだけなら)カットしていただいても大丈夫です。ところで増えてるんですか?前立腺がんって。

Dr.小池

前立腺がんすごい増えてますね。

Dr.ピエール大友

どれくらい増えているんですか?

Dr.小池

1995年と比較して、2020年には約6倍になると言われています。

Dr.ピエール大友

オリンピックイヤーには6倍。では30年ちょっとの間に前立腺がんの患者さんが6倍になってる。

それ、何でですか?

Dr.小池

大きく言えるのが、日本人のライフスタイルがちょっと変わってきて、食事を含めた欧米化しているということ。

あと、今までPSA検診というものがあまり行われていなかったということがありますので、PSA検診で前立腺ガンと診断される機会が増えたということが挙げられると思います。

Dr.ピエール大友

お食事だったり、ライフスタイルが欧米化していることと関連しているのですね。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

確認ですが、PSAは採血でおこなう前立腺がんの腫瘍マーカーですね。それを受ける人が増えた。

Dr.小池

増えた、ということで繋がっていると思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。ライフスタイルって言ってもね。欧米化のライフスタイルって色々だと思うんですけど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

例えばどんなことが・・。

Dr.小池

やはり、食生活で今まで日本人はあまり肉とかを食べる機会が無かったと思うんですけど。無いことはないですが、少なかったと思うんですけど。そういった食事のライフスタイルの変化、というのはかなり大きいと思いますね。

Dr.ピエール大友

お肉ですか。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

それ以外に何かありますか。

Dr.小池

あと、そうですね。やっぱり、植物性の油が基本的に良いと言われていますけども。そういった、何て言うんですか、油とか・・。

Dr.ピエール大友

油の種類?

Dr.小池

そうですね、油の種類とか。

あと野菜の摂取とかそういったものが、非常に前立腺ガンの予防にいいんじゃないかという風に言われていますので、そういったライフスタイルの食事の変化って有るのかも知れません。

Dr.ピエール大友

その辺は、今日少し詳しくお伺いしたいと思うんですが、それ以外のライフスタイルというのは、運動だったりとか?喫煙とかあると思うんですが。そういうのは、どうですか。

Dr.小池

やはり適度な運動というものが、これは前立腺ガンに限ったことではないかもしれませんが重要になってくると思いますので。そういったものがちょっと最近減ってきている、というのはあるのかもしれませんね。

Dr.ピエール大友

まあね。僕も外来していると、適度な運動ってすごい使いやすい言葉なんですけれども。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

ちなみに適度な運動ってどんな感じ???先生は普段外来でどんな風にお伝えするんですか。

Dr.小池

激しい運動ではなくて、毎日30分程度の散歩くらいでも、十分適度な運動となりますので。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

はい。そう言った程度の運動でも十分効果がある、という風に私はいつも外来でご説明していますね。

Dr.ピエール大友

毎日30分、比較的前立腺ガンってのは高齢者に多いから毎日30分歩くのは結構大変ですよね。

Dr.小池

大変だと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。

そういった適切な運動が、やっぱり重要だと。

Dr.小池

重要だと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら