② 前立腺がん 動物性脂肪食には気をつけろ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.小池の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長) 
前立腺がんって、要するに、診断されるまでにだんだんPSAがちょっとずつ上がっていくことが多い。それまでの間、みなさんドキドキして何かできないのかなあ、と思っていらっしゃると思うんですよ。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)
うん。そうですね。

Dr.大友
特に食事が大事とのことですよね。

Dr.小池
そうですね。脂肪かな?

Dr.大友
特に脂肪?どんな脂肪がよくないんですか。

Dr.小池
いわゆる飽和脂肪酸。

Dr.大友
飽和脂肪酸。動物性のですね。

Dr.小池
はい。動物性の脂肪がよくないと言われています。実際問題として、20年前はそんなに動物性の脂肪を摂取する機会は今よりは多くなかったと思うんですが。それが実際、今これだけ増えているってことは、やはりそういう飽和脂肪酸が良くないのかなと考えられると思いますね。

Dr.大友
例えば、動物性の脂肪酸ですね。脂肪って、どんな風に前立腺がんに関係しているんですか。

Dr.小池
そうですね。動物性の脂肪というのが、いわゆる慢性的な炎症を惹起すると言う風にも言われていますし。

Dr.大友
慢性的な炎症を惹起(じゃっき)する、つまり慢性的な炎症を引き起こすということですね。そうすると、それは、細胞をやっぱり・・。

Dr.小池
やはりガン細胞に導く可能性があるということですね。

Dr.大友
なるほど。

Dr.小池
あと、前立腺がんの特徴として男性ホルモンの影響を受けやすいというところがありますので、そうした動物性のや脂肪を摂ることによって男性ホルモンを高める可能性がある。

Dr.大友
増やしてしまう。

Dr.小池
可能性がある。ひとつ影響しているのかなと考えられます。

Dr.大友
前立腺がんは男性ホルモンが高いと良くないイメージがあります。

Dr.小池
はい。

Dr.大友
ただ数年前、僕が論文を調べていたときに、実際がんになったあとは男性ホルモンは悪影響を及ぼすけれども、なりやすさの観点では違うと書いてあったのですね。
その報告は男性ホルモンが低いとむしろ前立腺がんになるなんて話もあったんですが。それはどうですか。

Dr.小池
やはり男性ホルモンが高い方が前立腺がんになりやすいといとう流れですけども。
逆に今度低すぎると、前立腺がんができたときに悪性度の高い前立腺がんができるというような報告もあります。

Dr.大友
悪性度の高い、たちの悪いがんになってしまう。

Dr.小池
こうした場合は色んなところに転移しやすいとか、そういったがんが出やすいといった報告もあるような現状であるので。

Dr.大友
なるほど。

Dr.小池
男性ホルモンが高いからいいとか、低いからいいっていうのは言いづらいとこではありますけど。

Dr.大友
動物性の脂肪や肉に関しては、慢性の炎症を引き起こすし、かつ男性ホルモンを増やすから、やはり、統計的には前立腺がんには良からぬ動きをしているのではないかと。

Dr.大友
なるほど。例えば、他にもがんに関係する脂肪としてトランス脂肪酸とか言われてますよね。そういうのどうですか。

Dr.小池
それも前立腺がんに限ったことではないと思うんですが、やはり決していいものではないと思いますね。

Dr.大友
色んながんを引き起こす可能性があると言われています。

Dr.小池
そうですね。

Dr.大友
例えば先生がもしそういうものの中で気を付けてるものとしては?

Dr.小池
そうですね。マーガリンとか。

Dr.大友
トランス脂肪酸はマーガリンに代表されますね。

Dr.小池
マーガリンとかですね。そういったものには多く含まれているので、最近はあまり使っている人も少ないかもしれませんけど、やはり良くないと思いますね。

Dr.大友
はい。他はどんなものに含まれていますか。

Dr.小池
そうですね。お菓子とか。

Dr.大友
お菓子ね。入ってますね。見えないですからね。

Dr.小池
そうですね。

Dr.大友
書いていないのでね。そうするとPSAが上がってきてる人だったりとか、前立腺がんって診断されたような人は、そういった、お肉だったり、トランス脂肪酸をまず食卓から控えていくべき。

Dr.小池
そうですね。避けた方が良いと思います。

Dr.大友
ありがとうございます。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら