イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > タブーに挑む!? 21世紀の最強健康管理学 > ココロとカラダの悩みがあるときにマコモの炒め物が食べたくなる理由が分かった夜

ココロとカラダの悩みがあるときにマコモの炒め物が食べたくなる理由が分かった夜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“神が宿る草”と言われるマコモダケ

Dr.ピエールはお気に入りの中華に行った時は壁に貼ってある赤い札のメニューの中から旬のお料理を選ぶ。
今回のお気に入りはフレッシュなマコモダケを使ったお料理。

中華料理で見かけることが多いので、すっかり大陸からもたらされた植物だと思っていましたが、日本でも古来より“神が宿る草”といわれ、万葉集にも出てくる由緒正しいお野菜と知ってビックリ!
神社では霊草としても使われていて、マコモを栽培することで土と水を浄化すると言う言い伝えもあるとか⁉️

もう一つ、驚いたのが欧米でスローフードの要ともされているワイルドライスとの関係。

マコモダケとワイルドライスの繋がり

ワイルドライスがマコモの種子で、マコモダケはその新芽という事実。
恥ずかしながら、それぞれ別々のものだと思って繋がりを知りませんでした。

世界的に健康に良いとされる植物だけあって、βカロチンビタミンCビタミンE葉酸ミネラル、クロロフィル(葉緑素)に食物繊維までたっぷりなスーパーフード
これなら腸内環境も良くなるしホルモンの産生も良くなって気分も体調も良くなること間違いなし。

疲れている時にDr.ピエールが迷わずにマコモダケを選ぶのにはそんなことも関係しているのかも。ということでマコモダケを見つけたら買いですぞ。

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ     

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら