イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > タブーに挑む!? 21世紀の最強健康管理学 > 黒いダイヤと呼ばれる黒ナマコを食べて不老不死を夢見る

黒いダイヤと呼ばれる黒ナマコを食べて不老不死を夢見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナマコは不老長寿に効く!?

ナマコは古くから海の朝鮮人参と呼ばれ漢方食材としても用いられてきたこともあり、明の万暦帝は、フカヒレと一緒に煮込んだ「三事」を不老長寿に効く料理としてきました。
ちなみに朝鮮人参の主成分であるサポニンをナマコも持っており、昔の人の感覚には驚くばかり。

ところで日本では生を酢の物にしたりして食べるのに、中国では何故乾燥させたかというのはDr.ピエールの長年の疑問でした。
お店の人によるとナマコは水に漬けてから他の材料と煮込むと生臭さが残ってしまい、生臭さを消すために何度も水を替えながら柔らかくなるまで煮ると薬効成分も失われてしまうと信じられていたからみたい。

ナマコはミネラルの宝庫

実際のナマコは高たんぱく質ミネラル、微量元素の宝庫
18種類のアミノ酸亜鉛セレン、バナジウム、リンヨードマンガン、グルタチオンというカラダと心を高い次元で働きを保つために必要な物質を完璧に備えた食べ物だったわけですね!

昔の皇帝は側室もいて子供をたくさん作らなければならなかったわけですが、アミノ酸の中でもアルギニンは精子の構成要素となり、さらには成長ホルモンを増やす作用があるので、きっと皇帝、そして宮中の女性にとっては手放せないものだったに違いありませんね。

現代人には皇帝のような悩みはほとんどないと思いますが、それでも脳機能の向上や見た目の若さにも欠かせないのでたまには清水の舞台から飛び降りるつもりで楽しんでも良いですね。

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ  

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら