うつ病はパーキンソン病のリスクが3倍に!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの研究からうつ病はがんや脳卒中に関係していることはこれまでも話題になってきましたが、うつ病とパーキンソン病にも関係があることを台湾のTaipei Veterans General Hospitalの研究者が発表しました。うつ病のある患者はそうでない患者に比べて、パーキンソン病の発症が3.24倍高いことが明らかになりました。今回の研究ではパーキンソン病の有意な危険因子は・うつ病であること(リスクが3.24倍)・高齢であること(リスクが1.09倍)・うつ病の治療が上手くいっていないこと(リスクが2.18倍)が挙げられています。今回の研究ではうつ病はパーキンソン病の独立した危険因子であるとしていますが、うつ病はパーキンソン病の初期症状という意見も根強くあり今後の更なる研究が待たれます。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどハリ治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら