イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > プーケットの星付きレストランにて美肌に最強な野菜を食す

プーケットの星付きレストランにて美肌に最強な野菜を食す

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「グネモン」は南の島の美肌特効薬野菜。

軽い苦味と明日葉のような粘りをもつ”グネモン”という葉っぱをふわふわのと炒めた一皿を、タイ南部のリゾート地プーケットで食す。

オーナーであるお母さんが勧めてくれたグネモン(タイ語:バイリヤン)は、南部特有の葉っぱ。

調べてみると、βカロテンが豊富で、コラーゲンヒアルロン酸の産生促進作用があるという最強の美肌野菜適度な苦味が食欲を刺激するうえ、適度なと一緒に料理するからビタミンの吸収も良いこと間違いなし、と思える健康長寿料理。

お料理もさることながら、ロケーションも素晴らしい。

空港に降り立ち、タクシーで真っ先に目当てのレストランに向かうも、地図で見た場所には小さな看板しかない。ミシュランに選ばれるお店がこんな場所にあるのかと不安に思いながら小道をずんずん入っていった先に現れたのは、別世界のように明るくて広いお庭と小さなキッチン。

そこがお店だった。

隠れ家というか隠れすぎな場所にありながらも地元の人に大人気で、予約が必要だということも知らずに訪れてしまった僕を、家族が大半のスタッフは初めて日本人が来たと暖かくもてなしてくれた。

フライパンが煙を上げるキッチンも、お皿が通る道も、テーブルも、全部が青くて広い空の下。
僕にとってグネモンのお皿は忘れられないものになった。


กินกับอี๋ (Eat and Ei)

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

【Gunemon is a vegetable for beautiful skin in southern Thailand】

In Phuket, I met “Gunemon” which has a light bitterness, stir fried with egg.
A close examination shows that the strongest skin-rich vegetable is rich in β-carotene and has an action to promote the production of collagen and hyaluronic acid.
A healthy dish seems to absorb vitamins well because it is cooked with moderate oil.

The location is great as well as the food. Walking down a little path, and suddenly appeares a bright, spacious garden and small kitchen.
and that’s the Michelin-selected restaurant! The family staff warmly welcomed me, even though I did not know reservation was necessary.

Both of the kitchen and the tables are all under the blue sky, and it makas Gunemon’s plate unforgettable one for me.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら