イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 「身土不二」を掲げるレストランで頂く “薬膳イタリアンスープ”

「身土不二」を掲げるレストランで頂く “薬膳イタリアンスープ”

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「身土不二」を掲げるレストランLudens で頂く “薬膳イタリアンスープ” in 京都

身土不二は近隣で収穫された旬の食材を食すこと。こちらでは、京都、滋賀、福井など近隣の拘りがある生産者さんから届いた食材を使っていらっしゃる。

田淵シェフが「身土不二」と並べてもう1つコンセプトに掲げられているのは「一物全体」。

一物全体とは食材を余すことなく食すこと。野菜の皮、のアラ、お肉の筋や骨には不足しがちなミネラルやアミノ酸が豊富に含まれているので栄養のバランスを取り、体調を整えるのに最適な考え。

その地のお野菜から栄養を余すことなく取り込み生姜や大ぶりのナツメなどを加えた薬膳スープは、ポルチーニと丁寧にひかれたコンソメの香りで一気にイタリア料理へと変貌する。

 

Ludens
京都府京都市中京区間之町通二条上ル夷町560-8

築100年以上の古民家を改装した趣のある店内で、体が喜ぶイタリアンを楽しめるレストラン。
ラクトースフリーグルテンフリーやお肉抜きなどの食制限にも対応。「身土不二」と「一物全体」をコンセプトとしたお料理がいただける。

 

Italian “medical herb”Soup at Restaurant Ludens in Kyoto
The soup, made from local vegetables, ginger, jujube… is perfectly transformed into an Italian dish with the scent of porcini and its clear consommé.

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら