イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ ドクターの食卓から] 鮎を香ばしく感じないということはパーキンソン病の前兆かも!

[ ドクターの食卓から] 鮎を香ばしく感じないということはパーキンソン病の前兆かも!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

匂いと病気予測について

鮎の魅力はほっくりとした味もさることながら、 香魚と呼ばれるだけあってやはり独特の香気にあるとピエールは思います。
見た目のプレゼンテーションと香りのプレゼンテーションが見事でうっとり。

さて今日は匂いと病気予測のお話をしたいと思います。
匂いがしないと言うのはコロナウィルス感染症の初期症状として話題になっていますが、実はパーキンソン病の初期症状でも同じように匂いがしないことがあります

パーキンソン病は運動症状の震えやカラダが硬いなどの症状が出る病ですが、そうした症状の数十年前から匂いがしない、便秘といった症状が出ているのです。これは鼻の炎症ではなくて、匂いの神経である‘嗅神経‘の変性が起きているのが原因。

鮎の知られざるパワー  医食同源効果

鮎を食べることは脳のチェックになるだけでなく、老化を防ぐことも期待できます!

ピエールは鮎の醍醐味の一つは頭から内臓までを丸ごとバリバリと食べることにあると思っています。
実は天然アユの内蔵には神経を若返らせる成分である大量のビタミンB12とビタミンEが含まれていますビタミンB12は、神経細胞の修復に、ビタミンEは強い酸化ストレスを防ぐことから脳細胞の老化を予防するためには必要不可欠なビタミンです。

ビタミンB12は天然物の方が養殖物よりも6倍多く含まれているらしいので、記憶力アップ目的の方や病気が心配な人は天然物の鮎を食べてくださいね。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

Les Créations de Narisawa
東京都港区南青山2丁目6−15

 

Pierre thinks why sweet fish attracts people is not only delicious but also due to unique aroma.

Today, I would like to talk about smell and disease prediction.
Not smelling well might be the early symptoms of Parkinson’s disease. Parkinson’s disease is a disease that causes symptoms such as tremor and firmness of the body but before ,more than decades, such symptoms, early symptoms are not smelling well and constipation. This is because of the degeneration of the olfactory nerve.

By the way, eating sweetfish is not only a brain test, but it can also prevent aging !
The natural sweetfish contains a large amount of vitamin B12 and vitamin E, which rejuvenate the nerves. Vitamin B12 is the essential vitamin for the repairing nerve cells and vitamin E for preventing aging of brain cells.

Vitamin B12 is found to be 6 times higher in natural products than in farmed products, so if you are worried about your memory or illness, please eat natural sweet fish.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら