乳がん② 治療の副作用を改善するお食事【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

乳がんの治療についてお伺いしたいと思います。乳がんの治療は手術の他にどんな治療が有るんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)

乳がんの術後のそれぞれの状況によりますけれども人によってはホルモン剤による治療、抗がん剤、あとは放射線治療があげられます。

Dr.ピエール大友

なるほど。手術をしないってオプションも有るんですか。

Dr.川村

乳がんのまず治すということに関しては基本的には手術ですね。

Dr.ピエール大友

ではまず手術に加えて3つが加わってくるということですね。

Dr.川村

はい。

Dr.ピエール大友

手術後の副作用で多い物って例えばどんなことになるんでしょうか。

Dr.川村

手術直後。

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.川村

という点では麻酔の影響なんかも有りますので。

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.川村

少し気持ち悪いとかそういったものが術直後二は多いですね。数日ひょっとしたら有るかも知れません。

Dr.ピエール大友

他の例えばホルモン剤だったり、抗がん剤だったり放射線治療においては如何ですか。

Dr.川村

ホルモン剤は女性ホルモンを減らす方向に向きますので所謂火照りだとか。更年期障害のような症状が出てきたりすることが多いですね。他には関節痛。関節の節々の痛みが出てくることが有ります。

抗がん剤ですと一般的に皆さん想像されるように気持ち悪くて食欲がなくなったり、髪の毛が抜けてしまったり、ちょっと手足が痺れたりと様々な症状が出てきます。

放射線治療は放射線に関しては照射した場所に軽い火傷のような症状が起こることがあります。そのため痛みだったり痒みだったり、そういった症状が有るかなと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。一番副作用として多そうなのは吐き気だったり、気持ち悪さだったり、食欲の減退(食が細くなってしまう)だと思うんですが、術後で何か先生お勧めの食事方法とかって何か有りますか。

Dr.川村

傷を治すという意味においては少し意識してタンパク質を摂取して頂いたりとか。他には規則正しい食生活ですね。野菜を摂ったり果物を摂ったりということじゃないでしょうか。

Dr.ピエール大友

気持ち悪いとどうしてもね吐き気、お食事を戻してしまったりとかする可能性も有ると思うんですが。患者さんによってはお肉やお魚なんて食べられないよって話になりかねないと思うんですけど。そういった時ってどうしたらいいんですか。

Dr.川村

抗がん剤で吐き気が強い時などは、先ほどはタンパク質を多めにと言いましたけれども余りそれに固執しないでもよいと思います。何かを食べなきゃいけないというよりは、おそらくお食事をそんなに多くは摂れないと思うので食べたいもの、口にできるものを摂って頂ければいいかなと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど毛が少し抜けてしまったりとかまた抗がん剤を止めるとまた髪の毛が戻ってきたりとかもしか放射線による皮膚の火傷なんかはタンパクが壊れてるかなと思うんですけれどもそういったことに対してもさっき仰ったようなお食事ってのは有効ですか。

Dr.川村

そうですね。そのタンパク質を少し意識的に摂ることは重要です。

Dr.ピエール大友

火傷だったり髪の毛の回復にも関係しますか?

Dr.川村

そうですね。タンパク質を摂ったからといって髪の毛が生えてくることはないと思うんですけれども、規則正しい食生活をして頂くと乳がんの再発予防の観点からも良いんじゃないかなと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。乳がんというと他のがんに比べると少しその再発を気にするべき期間が長いですよね。

Dr.川村

長いですね、多くのがんは大体術後5年間再発が無ければそれで一旦終了とすることが。

Dr.ピエール大友

一安心。

Dr.川村

一安心な場合が多いんですが、乳がんは場合によって5年過ぎて10年くらいまで再発することが有ります。

Dr.ピエール大友

なるほどですね。この後は少し再発予防についてお話をお伺いしたいと思います。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら