ナマズ(鯰) なまず

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナマズは夜行性で鱗が無く、全身が粘膜で覆われ、幼魚は6本のひげ、成魚になると4本のひげと大きな口を持つ肉食性の淡水魚です。大きなものでは60㎝にもなります。ナマズはくせが無く、脂肪分が少ない淡白な白身魚で、春から夏にかけてが旬になります。

栄養素

主成分の蛋白質は鯉やフナを上回り、ビタミンB1、B2、B6,B12,葉酸、ナイアシン、パテント酸などのビタミン群も含まれています。特にビタミンB1、ビタミンEが豊富に含まれています。

ナマズの主な栄養成分(可食部100gあたり)

蛋白質・・・・・・・・18.4g
脂質・・・・・・・・・8.7g
カリウム・・・・・・・330㎎
カルシウム・・・・・・18㎎
鉄分・・・・・・・・・0.4㎎
ビタミンE・・・・・・6.5㎎
ビタミンB1・・・・・0.34㎎
ビタミンB2・・・・・0.10㎎
ビタミンB3・・・・・1.8㎎
ビタミンB5・・・・・0.82㎎
ビタミンB6・・・・・0.16㎎
マグネシウム・・・・・23㎎
ナトリウム・・・・・・45㎎

効能・効果

ビタミンB1は疲労回復作用や脳の中枢神経、手足の末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。ビタミンEには細胞の老化を予防する効果があります。

ナマズに含まれる脂質を構成する脂肪酸はオレイン酸が3割以上占める所から悪玉コレステロールの低下や動脈硬化の予防効果が期待されます。

東洋医学的側面

・寒熱:温(穏やかに体を温める)
・昇降・収散・潤燥:特になし
・臓腑:脾・胃・腎
・五味:甘(補い滋養する作用)
・毒性:無毒

陰液を滋養して虚弱を補う、利尿する

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

一定期間の泥抜きをした後に調理をすると泥臭さが抜けます。体中を包んでいる粘液をワイヤーブラシなどで取ってから料理してください。

皮の部分には独特な風味とうまみがあり、皮つきのまま焼くとその風味が楽しめます。身は白身でくせもなく、煮ても身が硬くならないので、煮ても、汁ものなどにしても良いだしが出て美味しく食べる事が出来ます。

ナマズを保存する場合には、酸化防止や鮮度を保つために、真空や脱気包装、ラップで空気が入らないようにして冷凍保存をして下さい。凍ったまま油で揚げてフライにしても美味しいです。解凍する場合は、氷水で解凍するのがおすすめです。

 

【監修】 大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら