ED(勃起障害)④リスクファクターには意外な原因が!【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

これからは勃起障害(ED)のリスクファクターについてもお伺いしたいと思います。

一つは僕の専門分野のエイジング(加齢)です。欧米ではアンチエイジングと言えば割とSEXの回数をだったり、性的満足度って言われたりことも多いんですね。一般的にSEXする回数そのものはヨーロッパとかアメリカの方が断然多いんですけど、勃起の機能には人種差って結構あるんですか?

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

一般的に言われているのは欧米人に比べて日本人の方が性機能はかなり低いというふうには言われていますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。それ遺伝子かも知れないということですか。

Dr.小池

かもしれないですね。やはり民族性とかの問題ももしかしたら有るのかもしれません。

Dr.ピエール大友

それでは(人種差もあるけど)少しは加齢によって起きている。それ以外はどうですか?

Dr.小池

そうですね。あとは喫煙。

Dr.ピエール大友

喫煙。

Dr.小池

やっぱり喫煙ってのはやはりどんなものにも悪い影響を与えます。もちろんEDにも悪い影響を与える。

Dr.ピエール大友

喫煙は動脈硬化も関連していますね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

他はどうですか。

Dr.小池

あとは糖尿病。こちらはもちろん血管にもきますし神経の方にもやはり悪影響を及ぼしますので糖尿病も一つのリスクファクターというふうに考えています。

Dr.ピエール大友

神経っていうのは自律神経ですか。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

(自律神経が働きにくくなるので)血管が伸びたり縮んだりがしにくくなるし上に動脈硬化が起きて血流が悪くなる。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

他には?

Dr.小池

あとは高脂血症。やはり動脈硬化の原因としてかかわってきますので、高脂血症も一つの原因になってくると思いますし。

Dr.ピエール大友

生活習慣病ですね。

Dr.小池

そういうことですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。他は?

Dr.小池

いわゆる前立腺肥大とかも一つのリスクになってくると思います。

(先ほど薬が勃起障害の原因になるという話がありましたが)前立腺肥大のお薬の中にもやはりEDを引き起こす可能性のあるお薬がいくつか有ります。

Dr.ピエール大友

なるほど。前立腺肥大でも、前立腺肥大症のお薬でも勃起障害を引き起こす可能性があるってことですね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

アルコールとかどうなんですか。アメリカの論文とか見てるとアルコールも勃起障害のリスクファクターに入っているようなんですけど。

Dr.小池

そうなんですね。

Dr.ピエール大友

でもアルコール飲んだ方がちょっと落ち着いてできるみたいな人もいますよね。

Dr.小池

はい。いますね。

Dr.ピエール大友

実際の外来の現場ではどうなんですか。

Dr.小池

やはりあの性行為まではいくことは多分アルコールがちょっと入っていた方がやり易いところ有るかも知れません。

けれども射精まで行きつくかって言うとなるとアルコールに関してはちょっとあまり良くないのかなという印象があります

Dr.ピエール大友

なるほど。アルコールは一般的には血管を広げる、副交感神経が優位になるわけですね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

勃起するにはいいけどというと、射精ってまた別の問題なんですか。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

それなんか理由があるんですか。射精は交感神経が優位になるからですか。

Dr.小池

そうですね。はい。多分それが原因だと思うんですけどね。

Dr.ピエール大友

ということはアルコールで血管が広くなって血流が良くなってるのはいいけど、最後に射精しようと思うときにアルコールを飲んでいるとリラックスして交感神経がうまく働かなくて射精できないみたいな?

Dr.小池

あるかもしれません。

Dr.ピエール大友

適量はどれくらいですか。

Dr.小池

適量ですかね。まあ人それぞれで違うと思いますけれどもやはりあのそうですねあんまり飲み過ぎるのは良くないと思いますね。うん。なかなかちょっとすいません答えがなくて。

Dr.ピエール大友

普段飲んでる例えばビール3本くらいで酔っ払うなって人だったら今日はそういう性的なことをね予期していったとしたらどれくらい?

Dr.小池

やっぱ半分くらいにしておいた方がいいのかもしれませんね。

Dr.ピエール大友

半分。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

酔っ払う半分くらい。それ大事ですからね。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

じゃあ何か夜は性的なことが有ると思ったときは普段の半分。

Dr.小池

半分くらい。

Dr.ピエール大友

半分大丈夫ですか。

Dr.小池

半分で・・・。

Dr.ピエール大友

1/3?

Dr.小池

1/3でもいいかもしれません。まあでも。

Dr.ピエール大友

半分から1/3くらいにして頂きたいと思います。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

勉強になりました。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら