膀胱がん⑤ 治療中にお勧めなお食事【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

膀胱がんにね。残念なんですけどなってしまったあとの食事の話にしましょう。膀胱がんも何て言うか色々な治療がありますよね。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

はい。

Dr.ピエール大友

そうした治療ごとにどんなお食事をしたらいいのか教えて頂きたいなと思います。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

まずもって膀胱がんってどんな治療が行われているんですか。

Dr.小池

そうですね。大きく分けてその筋層、いわゆる膀胱の筋肉に浸潤してるかしていないかで、大きく治療が変わってきます。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

もし筋肉に浸潤していない場合は内視鏡的にまあ腫瘍だけを削るという、経尿道的膀胱腫瘍切除術。

Dr.ピエール大友

経尿道的、それ尿道の間から。

Dr.小池

そうですね。尿道からこうカメラを入れて削る。

Dr.ピエール大友

削るってことですかね。あんまり痛くない手術ですか?

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

全身麻酔?

Dr.小池

全身麻酔いや、あの腰椎麻酔でやる場合もありますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。じゃ、それは比較的少し負担が少ない?

Dr.小池

と思います。

Dr.ピエール大友

それ以外だと。

Dr.小池

それ以外ですとあの、いわゆる膀胱の上皮内がんというがんの場合に対しては、いわゆるBCGと言ってまあ、あの昔よくね注射もしたと思うんですけど。

Dr.ピエール大友

BCG接種ですね。

Dr.小池

そうですね。あのBCGを膀胱内に入れる。という治療法があります。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

僕、痛みの治療が専門なので、たまに治療後に痛みを訴えてこられる患者さんを診ることもあるんですけど割と痛いんでしょ?

Dr.小池

BCG関しては、いわゆる膀胱刺激症状がメインできます

Dr.ピエール大友

なるほど。針でちょっとチクッとされたり。

Dr.小池

チクチクするような残尿感が有るような。そういった症状が出る場合がありますね。

そうすると、そういう人たちはどんなお食事を食べたらいいんですか。

Dr.小池

先ほどお話があった通り、クランベリージュースみたいないわゆる尿をさらさらにするようなジュースみたいなものを摂って頂いてもいいと思いますし、緑茶もそうですけども、常にこうおしっこをきれいにする。という意味でやって頂ければいいかなと。

Dr.ピエール大友

水分摂取を心掛ける。

Dr.小池

そうです。そうですね。

Dr.ピエール大友

煙草は当然。

Dr.小池

煙草はだめですね。

Dr.ピエール大友

あとはアブラナ科の野菜とフルーツを摂る。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。じゃあそれを食べたり飲んだりして予防に。

Dr.小池

予防に近いですね。

Dr.ピエール大友

それ以外の治療法では?

Dr.小池

治療法はですね 先ほど仰った通りですが、筋層に浸潤していた場合は、いわゆる膀胱を全部取らなきゃいけないんですね。

Dr.ピエール大友

膀胱を取ってしまう。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

僕の拙い知識ですと、膀胱がんの手術は昔は結構派手な手術というイメージ。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

色々、出血したり、大変な手術だったような気がするんですけど。今はどうですか?

Dr.小池

今はですね。やはりあの、腹腔鏡とか。或いは今、もう流行っているロボット手術ですね。

Dr.小池

もうロボット手術も保険収載されたので。

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.小池

いわゆるそういったミニマムインべーシブいわゆる低浸襲な手術ってのが主流になってます。

Dr.ピエール大友

ほんと、そうすると1mlとか2mlしか出血しないんですよね。

Dr.小池

そうですね。上手いドクターが手術するとそうですね。

Dr.ピエール大友

そうですか。

膀胱取ったりすると結構、副作用とかも多いんですか?

Dr.小池

はい。やはり膀胱を取ると膀胱を溜める袋を新たに作んなきゃいけないからですね。

Dr.ピエール大友

おしっこを溜める袋を作る。

Dr.小池

おしっこを溜める袋を作んなきゃいけない。

それには腸を代用にします。代用膀胱と言って腸を袋状にして、それを膀胱の代わりにするという方法と腸を導管として利用して体外に腸を袋をぶら下げる方法。いわゆる、ストーマって言うんですけどもね。そういったものを着ける回腸導管と言われている方法。

どちらにしても腸をやはり切らなきゃいけないんで、そういった意味ではその腸管を切ることによる合併症というものは、避けられないと思いますね。

Dr.ピエール大友

例えば、どんな合併症が出てくるんですか。

Dr.小池

そうですね。あの、腸がやっぱり短くなってしまいますのでビタミンの吸収が悪くなったりとか。

Dr.ピエール大友

ビタミンBとか?

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

ビタミンB12?

Dr.小池

12とかですね。そういったものの吸収が悪くなったり、或いは腸を切ることによってまあ腸閉塞のリスクが上がったりするようなことがあります。

Dr.ピエール大友

腸閉塞、イレウスとか聞くとびっくりしてしまいますが。その前に何か症状って何か有るんですか。

Dr.小池

あの、やはり多いのは腹部膨満感、いわゆるお腹が張ってるような。

Dr.ピエール大友

張ってるような感じ。

それは手術直後?

Dr.小池

直後はやはり多いですね。

Dr.ピエール大友

どれくらい続くんですか?

Dr.小池

そうですね。普通の人だともう2~3日であのガス(おなら)が出るんですね。それを見てお腹しっかり動いているな。っていうのを判断するんです。ガスが出ないとか或いはお腹がずっと張ってるっていう症状が3~4日続くと、ちょっと腸閉塞を疑わないといけないかな?という風に思います。

Dr.ピエール大友

そういう、腸で膀胱を作る手術するってすごくデリケートな手術だと思うんですけど。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

どんな食事を術後はした方がいいんですか?

Dr.小池

そうですね。やはりその腹部膨満感はやはり腸閉塞の一歩手前の症状だと思いますので。少ない量の食事をまあ数回に分けて食べたりとか。

Dr.ピエール大友

腸への負担を減らす。

Dr.小池

そういうことですね。あとはやはり水分をちょっと多めに摂ったりとか。

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.小池

そういったことはやっぱり必要だと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。どんな食事をお勧めしますか?

Dr.小池

どんな食事ですか。そうですね。

Dr.ピエール大友

免疫力を上げた方がいい?

Dr.小池

そうですね。免疫力は上げた方がいいので、やはり高タンパクですかね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

炭水化物だけじゃなくて、やはりタンパク質を摂ることが大事だと思います。

Dr.ピエール大友

元々、血糖が高い状況ってのは。膀胱がんのリスクかも知れないし。

Dr.小池

リスクですからね。

Dr.ピエール大友

まあ術後の感染を減らすといった意味に置いても過度の高血糖はあまり良くないということですね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

で、有ればある程度タンパクは必要。

Dr.小池

タンパクは必要ですね。はい。

Dr.ピエール大友

お野菜とかはどうですか。

Dr.小池

お野菜はもちろん必要なんですけれども、繊維質が多かったりすると、まあ腸閉塞のリスクになったりすることもあります。なので、しっかり火を通して。

Dr.ピエール大友

生野菜では無くて。

Dr.小池

生野菜はだめだということですね。

Dr.ピエール大友

火を通してあげる。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

あとは、お茶を飲むと。

Dr.小池

お茶を飲むと。それは大事だと思います。

Dr.ピエール大友

一日5回くらいに分けて飲む?

そして膨満感だったり、下痢だったりそういったことが続くかも知れないけど落ち着かない様だったら、もちろん先生にご相談するということですか?

Dr.小池

はい。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら