イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 白ワインがあれば鳥のお刺身も安心だ!

[ドクターの食卓から] 白ワインがあれば鳥のお刺身も安心だ!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鷄のお刺身はサルモネラ感染症に注意

ピエールは食材を生で食べるのが好きだ。
火を通し過ぎないことで糖化ストレスを減らすことも出来るし、何より食材そのものの味をしっかりと楽しむことができるから!

それでも鷄のお刺身はどんなに新鮮であってもサルモネラ感染症のことは医師としては頭の片隅に置いておく必要がある。
とはいえ、名店でお刺身を供されたら、間違いなくお箸が動いてしまうピエール。

 サルモネラ感染症から身を守る意外な飲み物は?

そこで保険となるのがワイン
あまり知られていないですが、ワインには赤にも白にも抗菌作用があります

ただ鷄のお刺身を食べる場合に選ぶべきは、pH値が低いことにより抗菌作用かの即効性が高い白ワインもしくはシャンパーニュ
白ワインは大腸菌O-157、サルモネラ菌に対する抗菌力が高く、大腸菌やサルモネラ菌を10分間白ワインに入れておくと、初めに10万個あった菌がものの数個になってしまうほど。
どうしても赤ワインにと言う方は赤ワインで20分ほど“ヅケ”にしてからワサビ醤油で食べれば安心です。

慢性的な胃腸の不調の原因となる機能性ディスペプシア(FD)過敏性腸症候群(ISB)はサルモネラなどの感染症にかかったことによって発症することもあります

200年前のパリで牡蠣にシャブリなどの白ワインと楽しんでたのは決して味のためだけでなく、身の危険を守る保険的な要素もあったと思います。

自分の免疫力と自分なりの感染症対策をしてお食事を楽しみたいですね!

「色々な病気に食事から向き合う」
イシペディアの専門医対談でも機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群を取り上げております。以下をご参照ください。

機能性ディスペプシア(FD)についてはこちらをクリック

過敏性腸症候群(IBS)についてはこちらをクリック

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら