ピスタチオ ぴすたちお

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の産地としては、イランとアメリカのカリフォルニアがほとんどを占めており、日本国内では輸入品が多く出回っています。収穫は89月ですが、保存が効くこともあり、年中流通しています。

栄養素

ナッツの特徴である脂質が主要な栄養素で、100gあたり56.1gです。脂質の種類としては、オレイン酸が56.2%、リノール酸が30.3%を占めており、他には、カリウム、ビタミンB6、ビタミンAの素になるβカロテンが多く含まれています。

ピスタチオの主な栄養成分(可食部10g当たり 約20粒)

エネルギー・・・62kcal

脂質・・・5.6g

カリウム・・・97mg

ビタミンB6・・・0.12mg

効能・効果

胃腸症状の改善:体内でたんぱく質を利用する際に働いてくれるビタミンB6を多く含むため、たんぱく質を材料としている皮膚や粘膜の保護・維持に効果的です。特にピスタチオは、胃腸粘膜に働きかけ、症状の改善が期待できます。

悪玉コレステロールの低下:脂質として多く含まれているオレイン酸は、悪玉コレステロールを低下させ、動脈硬化を防ぐ働きがあるとされています。ただし、脂質であることには変わりないため、摂りすぎは禁物です。

東洋医学的側面

  • 寒熱:温(穏やかに体を温める)
  • 昇降・収散・潤燥:収(気を体の内に収める作用)
  • 臓腑:腎・脾
  • 五味:辛(発散、気を巡らせる作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

基本的には、他の種実類と同じ保存方法で、密閉容器に入れて野菜室に保存する方法が理想的です。時間がたつと、酸化して味も香りも落ちるので、たくさんある場合は冷凍保存もおすすめします。殻付きであれば、酸化速度が遅くなるため、保存期間はその分長くなります。

調理方法としては、水や加熱によって失われやすいカリウムやビタミンB6を多く含むため、そのまま食べるのが一番です。日本では、あまり金額も安くないため現実的ではありませんが、粉状にして、牛乳や砂糖と一緒に煮詰めてペーストを作れば、様々な甘味類のトッピングとして利用できます。冷蔵・冷凍すれば保存も可能です。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら