イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 食材の大事典 > 魚類の栄養素分析 > 良質なタンパク質を多く含んでおり、脂肪分も少ない「鰈」

良質なタンパク質を多く含んでおり、脂肪分も少ない「鰈」 かれい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレイはヒラメと同じように良質なタンパク質を多く含んでおり、脂肪分も少なくヘルシーな魚と言えます。種類や地域によって異なりますが、カレイの旬は秋から冬にかけてです。

東洋医学的には潤いの性質があり、胃や腸にも優しい食材とされています。
DRピエールはカレイの揚げおろし煮が好きでしたが、糖化ストレスが高いことが分かってからはカレイの煮つけを良く食べます。

栄養素

カレイにはビタミンB2がたっぷりと含まれています。ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物脂質タンパク質を体内でエネルギーに変える重要な働きをしています。

そして、カレイには、神経の働きを正常に保つために必要な栄養素であるビタミンB12も大量に含まれています。ビタミンB12は、貧血予防に効果があるほか、DNAやタンパク質の合成を助け、様々な代謝に必要な酵素を補助する役割をしています。

その他、骨や歯の成長に欠かせないビタミンDも多く含まれ、成長期の子供にも積極的に摂取するのがおすすめです。ミネラルの一種であるセレンも多く含まれ、抗酸化作用によりガン防止や老化防止に効果があります。

マガレイの主な栄養成分(可食部100g本あたり 1200g

効能・効果

動脈硬化予防

タウリンやビタミンEに、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

生活習慣病予防

ミネラルの一種であるセレンに抗酸化作用があり生活習慣病予防に効果があります。

疲労回復

ビタミンB1が体を動かすための補酵素を運搬し疲労回復や夏バテに効果的です。

骨形成

ビタミンDが血中のカルシウムやリンと結びついて骨の形成をサポートします。

東洋医学的側面

  • 寒熱:平(体を温めも冷やしもしない)
  • 昇降・収散・潤燥:潤(体を潤す性質)
  • 臓腑:脾、胃
  • 五味:甘(補い滋養する作用)
  • 毒性:なし

消化機能を改善する
気虚、血虚を改善する

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

生カレイを12日以内に食べきれない場合は、冷凍保存をします。下処理が済んだら、保存する前に水洗いをし、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。その後、空気に触れないようにラップで包み、密閉容器に入れて保存します。

カレイはグリシン、アラニン、グルタミン酸などの良質のたんぱく質が多く、また皮にはコラーゲンが多く含まれています。煮つけにすると栄養を余すことなく吸収できます。また、唐揚げは、じっくり加熱すると骨までおいしく食べられるのでカルシウムの補給にピッタリです。

 

【監修】 大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどハリ治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら