イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > ワンコ先生に教わるCBD&医療大麻 CBDとTHCとは?

ワンコ先生に教わるCBD&医療大麻 CBDとTHCとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dr.大友(イシペディア編集長)
CBDとTHCについて教えてください。THCが日本で禁止されていることは分かりましたが、どうしてなんでしょうか?

ワンコ先生
まずTHCは主にCB1受容体を刺激し、CBDは主にCB2受容体を刺激することはわかったな。

Dr.大友
脳や身体の中で分布されている場所が違うのでしたね。

ワンコ先生
THCは精神活性作用があって、いわゆるハイになってしまうのだよ。
さっきTHCはマリファナに多く含まれている成分だと教えたのは覚えとるな?

Dr.大友
マリファナにはTHCが3~20%程度含まれているのでしたね。その一方で、THCが製薬会社の製品に含まれているということは、体にも良い影響をもたらす部分もあるんでしょうか?

ワンコ先生
良い視点じゃ。吐き気を抑えたり、食欲を増やす作用があるのじゃ。

Dr.大友
それで末期がんの患者さんに使用することもあるのですね。

ワンコ先生
賛否両論あるが、何らかの痛みを緩和する作用も指摘されているのじゃ。そればかりでなくケイレンを抑えることからてんかんの患者さん、特にお子さんで使われていることもあるのじゃ。

〚THCの効能〛

  • 疼痛緩和
  • 悪心・嘔吐を減らす
  • 抗痙攣作用
  • 食欲増進

Dr.大友
その一方でCBDにはあまり精神作用がないということでしたね。

ワンコ先生
まずCBDには目立った副作用はないのじゃ。つまりハイになったりするなどの精神活性作用もないし、どちらかというとTHCの有害な部分を打ち消す作用があるのがCBDとも言えるな。

Dr.大友
CBDそのものにも何か作用があるのですか?

ワンコ先生
CBDの一番の役割は炎症を抑える(抗炎症)作用じゃろうな。他に特筆すべきは不安を打ち消す(抗不安)作用があるとされているのじゃよ。ほかにもTHCと同じく吐き気を抑えたり、ケイレンを抑えたりの作用もあるぞ。

〚CBDの効能〛

  • 疼痛緩和
  • 細菌叢を保つ(抗菌)
  • 血糖値のコントロール
  • 悪心・嘔吐を減らす
  • 抗炎症作用
  • 安眠作用
  • 抗不安作用
  • 神経保護作用

Dr.大友
医療大麻に含まれる成分はTHCとCBDだけなのですか?

ワンコ先生
いやいや、80種類くらいの成分があるのじゃぞ。

Dr.大友
ずいぶんと種類があるのですね。各々違った効能があるのですか?

ワンコ先生
そうじゃな。THCもCBDも医療大麻を乾燥させることによってできる物質なのじゃ。

Dr.大友
乾燥させた後に酸素に触れさせたり、紫外線に当てたり、熱処理をしたりと様々な工程を経るのですね。

ワンコ先生
この処理の仕方が大事なのじゃ。医療大麻においては品種と処理の工程が製品の差につながっているのじゃぞよ。

Dr.大友
漢方薬みたいな世界ですね。

ワンコ先生
アントラージュ効果は聞いたことあるかな?

Dr.大友
フランス語っぽいですね。

ワンコ先生
植物エキスの方が単一の成分(THC,CBD)だけよりも、様々な成分が混じっている方がそれぞれが協調して効果を高めることを言うのじゃ。

Dr.大友
なるほど。ますます漢方薬のようですね。

ワンコ先生
そういう見方もできるかもな。前にも話したように古代中国で使われていたこともあるのでな。

Dr.大友
わかりました。色々な病気でどのように医療大麻、もしくは医療大麻成分が使われているのかを教えてもらえませんか?

ワンコ先生
それは高くつくぞ。コーヒーでは話してやらん。

Dr.大友
どうしたら教えてくれるのですか?

ワンコ先生
上等のオーガニックドッグフードをご馳走してくれたら考えるかな。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどハリ治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら