② 尿路結石の痛みはお産の痛みと同じくらいって知ってた?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【DRピエール大友と小池先生の対談動画はこちらをclick】

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)
尿路結石は腰が痛かったり、下腹部が痛い症状があるということでしたが、病院に行っても見逃されたりしないでしょうか?

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)
その痛みはかなり劇的でして、例えるなら女性の出産ぐらい痛いと言われてます。その痛みや腰の痛み、あとは血尿があれば間違いなく結石を疑った方がいいと思います。

Dr.ピエール大友
とはいえ、患者さんは最初から泌尿器科を選べるものですか?

Dr.小池
そうですね。整形外科に行く人もいますけど、血尿が一つのサインかなと思います。

Dr.ピエール大友
必ず血は混じるのでしょうか?

Dr.小池
いえ、必ず血が混じるということはないですが、血尿がでたら間違いないと思っていただいてよいです。

Dr.ピエール大友
整形外科に行って腰が痛いと言うとレントゲンとか撮られたりしますよね。

Dr.小池
そうですね。

Dr.ピエール大友
尿路結石があるかどうかはわかるのですか?

Dr.小池
石の成分によってはレントゲンに映らない石があります。特に尿酸結石はレントゲンに映りません。

Dr.ピエール大友
尿酸ということは痛風で有名な。

Dr.小池
はい。レントゲンには写りにくいと言われていますので、そうなると整形外科を受診しても『何も異常はないです』となります。
特におしっこが赤くないと、整形外科では良くわからない腰痛と言われてしまう可能性はあります。

Dr.ピエール大友
下腹部が痛い時はどうですか?

Dr.小池
膀胱炎のようなしょっちゅうトイレに行きたくなる症状や残尿感がでる場合があります。

Dr.ピエール大友
そうすると症状が出はじめたばかりのフレッシュな尿路結石の状況で泌尿器科の先生のところに来ることはあまりないのでしょうか。

Dr.小池
そうかもしれませんね。内科の先生にまず1回行かれる方もいるかもしれません。

Dr.ピエール大友
レントゲンで写らない尿路結石はどれぐらいありますか?

Dr.小池
結石は大体半分ぐらいは写らないと言われています。写らない場合はエコーで水腎症を確認したり、CTを撮影しますね。お腹のCTを撮ると9割の尿路結石は映ると言われています。

Dr.ピエール大友
そうすると、お腹がおかしいのかなと思って診ていたら水腎症、つまり腎臓が浮腫んで(むくんで)いるのがわかるのですね。

Dr.小池
そうですね、腎臓が腫れているような状況ですね。

Dr.ピエール大友
尿路結石のためのCTだったら造影しなくても大丈夫ですね。

Dr.小池
はい。造影しなくても単純CTで写ります。

Dr.ピエール大友
そういう形で診断されるわけですね。

Dr.小池
はい。

Dr.ピエール大友
治療についてはこのあと詳しくお伺いしたいと思っていますが、尿路結石が勝手に良くなったりはしないですよね?

Dr.小池
10ミリ以下の結石に関しては自然に出るとも言われています。自然に石が出て膀胱まで落ちてくれば症状はとれる方もいらっしゃいます。

Dr.ピエール大友
つまり腰痛かなと思って、水を飲んで安静にしているうちに良くなる可能性もあるということですね。

Dr.小池
はい、小さな尿路結石の場合はそうですね。

Dr.ピエール大友
なるほど。では、このあとはお産と同じぐらい痛い尿路結石はどのように治療するのかについてお伺いしたと思います。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長

日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら