寿司の起源もタイ料理にあり?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ北部の伝統的保存食”プラーソム”

世界で日本料理の代名詞ともいえる「寿司」。
タイでも寿司は今大人気になっている。

その寿司の起源は、実はタイ料理にある?という話。

タイ北部の伝統的保存食とされてきた「プラーソム」。紀元前に稲作文化と共に日本に伝えられ、その原型が琵琶湖の鮒寿司になったというのが定説。
こちらの写真が「プラーソム」。確かに一見すると鮒寿司と思ってしまう・・・。

プラーは「魚」、ソムは「酸っぱい」。
淡水魚にもち米ニンニクを詰め、放置して乳酸発酵させて作る。

発酵臭…試してみる

“足の匂い”なんて言われてるけれど、揚げて薬味と共に食すので、発酵臭に慣れた我々日本人にとっては可愛らしい香り

そしてタイではこれに容赦なく唐辛子かけて食らう。元々鯉など川魚で作る料理だが、最近ではタイ人のサーモン好きが高じてサーモンで作られることも増えてきている。
酸っぱい西京漬けの鮭、をイメージしていただくと分かりやすい。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

The origin of sushi is Thai food?

“Prasom”a freshwater fish stuffed with sticky rice, garlic and salt, and left to ferment lactic acid, has been regarded as a traditional preserved food in northern Thailand , and introduced to Japan in BC, and it is said that its original form was Lake Biwa’s crucian carp sushi.

Its fermented smell is described as foot…try anyone? 

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら