イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > タブーに挑む!? 21世紀の最強健康管理学 > 【ドクターの食卓から】いちぢくの鉄とホルモンで不定愁訴を吹き飛ばす!

【ドクターの食卓から】いちぢくの鉄とホルモンで不定愁訴を吹き飛ばす!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく不調…それが不定愁訴

だるさ、頭痛、冷え、めまいなど全身にあらわれる身体的なものや、わけもなくイライラしたり気分の落ち込み、不眠などの精神的なもの。
原因がはっきりわからないけれど、なんとなく体調が悪い」そんな不調を「不定愁訴」といいます

そしてこの不定愁訴の原因の大半は、鉄、女性ホルモン、男性ホルモンの不足

現代の日本は貧血大国とも言われるほどで、「血液中に鉄はあるけれど緊急時の蓄えである貯蔵鉄が不足した状態」いわゆる「隠れ貧血」に2040代女性の4割以上が該当するとも言われています。

ただ鉄分の多い食材というとレバーや牡蠣などお食事からしか摂りにくい印象ですが、デザートとしても手軽に摂れるのがイチジク!
イチジクは漢字で「無花果」と書きますが、じつはイチジクの実の中にあるあの赤いつぶつぶ、あれがお花。
その一つ一つには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンが豊富に含まれており、アンチエイジングの強い後押しとなってくれます。

鯖と合わせて脳も心も活力アップ!

イチジクは果物の中でも肉や魚との相性が良いのでお料理の一部として使われることも多く、最近では鯖とのサラダが印象的。
は魚類の中でもDHAEPAなどのオメガ 3 系の油が豊富なので、慢性の炎症を抑えることによって脳機能を安定させると言われています。

鯖とイチジク、なんだか晴れやかな気分に欠けると感じたら、是非取り合わせていただきたい食材です。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ” 大友 ピエール” 博之” の正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら