ウコンについて②ウコンの働き

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウコンの働きについてまとめてみたいと思います。

 

ウコンといえば真っ先にアルコール対策!を思い浮かべます。

二日酔いにならないようにと、飲む前にウコンのドリンク剤を飲んだことのある人は多いでしょう。

実際、アルコールを飲む際に、ウコンがアルコールを分解する肝臓の働きを助けるといわれています!

 

ちなみに、この肝臓の働きを助けているウコンは「秋ウコン」。

秋ウコンには有効成分、クルクミンというポリフェノールが含まれています!

 

クルクミンには、肝臓を強化する働きの他、細菌の繁殖を抑えたり炎症を取る作用、

消化、代謝、腸内細菌の改善を促す効果があるとされています。

 

抗炎症作用が認められる植物ってウコンの他にはありませんので、

クルクミンを豊富に含む秋ウコンはとても貴重な植物といえます。

ちなみに、春ウコンについては胃腸の調子を整える作用があるといわれています。

 

インド人はウコン(ターメリック)を1日約1.5グラムから2グラムほど摂取すると言われています。

抗菌作用があるため、アーユルヴェーダ医学でもよく利用されます。

 

世界ではクルクミンを摂取するとガン細胞を死滅するという研究がおこなわれ、

ウコンががんにも有効であることを、世界的研究者が報告しています。

 

ウコンはスパイスとしても重宝されていますので、毎日適度に摂取していくことがお勧めです!

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら