春の宝石で疲労回復

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春の苦みは幸せの味

栽培の手間や味わえる期間の短さから「白い金」と呼ばれる白アスパラガス。
ヨーロッパの春を告げる代表的なお野菜で、僕も毎年楽しみにしている食材の一つです。

パリのグランメゾンの雰囲気を色濃く残すフレンチの名店「シェイノ」でいただく、オマール海老との美しいサラダ。
白アスパラ独特の甘みとほろ苦さ味わうと、好きすぎて庭に苗を6000本も植えさせていたという美食王ルイ14世の気持ちも、ちょっと分かる気がしてきます。

旬のエネルギーを食べよう

古代ギリシアの時代から、さまざまな薬効で知られていたお野菜だけど、スタミナドリンクの成分としても知られるアスパラギン酸で、疲労回復効果が期待できたり、抗酸化作用のあるルチンやビタミンを豊富に含んでいたりと、現代人にとっても嬉しい効能がいっぱい。

もちろん緑のアスパラガスにも同様の栄養素は含まれていますが、年に一度の旬に是非、「白い金」を楽しんでみてはいかがでしょう!

シェ イノ
東京都中央区京橋2-4-16 明治京橋ビル1F

日本におけるフランス料理を牽引してきた一軒。シェ イノがそう評価される所以は、オーナーシェフ・井上旭氏の作りあげた『仔羊のパイ包み焼き“マリアカラス”風』、このひと皿に集約されています。40年近く井上氏のスペシャリテとして愛され続ける所以は、ソース・ペリグーの驚くべき完成度。丁寧にダシをとったフォンにマディラ酒などをふんだんに使ったソースは、複雑な香りと風味を兼ね備えつつもそれだけが出しゃばることなく、フォアグラやトリュフといった個の強い食材をひとつにまとめ上げるのです。このひと皿だけに限りません。シェ イノの料理は、フランス料理の伝統を大切にしたソースを味わうフレンチといえるでしょう。

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ    

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら