アミノ酸の種類 あみのさんのしゅるい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然界には数百種類ものアミノ酸が存在するといわれますが、私たち人間の体を構成するアミノ酸はわずか20種類です。
その20種類のアミノ酸は、体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できる非必須アミノ酸(11種類)に分けられます。

前述したアミノ酸の基本構造の側鎖(R)の部分に20種類の異なる元素が結びつくことで性質の異なる20種類のアミノ酸が合成されるのです。

人間の場合、必須アミノ酸の9種類は体内で合成できないため、食べ物などから摂るしかありません。そのため、日常の食事の中では必須アミノ酸が不足することのないように心掛けることが大切です。

9種類の必須アミノ酸の種類とその働き

  • トリプトファン……精神の安定、不眠改善、抑うつ症状を改善、鎮痛効果、PMSの改善
  • ロイシン……肝機能を高める、筋力強化、ストレス緩和、育毛効果
  • リジン……ブドウ糖の代謝促進、疲労回復、組織の修復、帯状疱疹の予防・改善
  • バリン……成長の促進、筋肉の修復、肝機能の改善、美肌効果
  • スレオニン……脂肪肝の予防、成長促進、胃炎の改善、髪のうるおいを保つ
  • フェニルアラニン……記憶力の改善、鎮痛効果、抗うつ効果、皮膚疾患への効果
  • メチオニン……アレルギー症状の緩和、肝機能の改善、うつ症状を改善、老化防止
  • イソロイシン……神経機能を正常に保つ、疲労回復、肝機能の改善、糖尿病の予防

11種類の非必須アミノ酸の種類とその働き

グルタミン、アルギニン、アラニン、システイン、グリシン、セリン、チロシン、グルタミン酸、プロリン、アスパラギン、アスパラギン酸 

このように、それぞれのアミノ酸にはさまざまな働きや機能があり、私たちの体づくりや健康の維持に欠かせない役割をしています。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら