イシペディア [IshiPedia] > 記事 > コラム > 歯の不健康はうつ病に関連する

歯の不健康はうつ病に関連する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の状態が悪いとうつ病の可能性が高くなり、さらに状態の悪い歯の数が多ければ多いほど、よりうつ病の重症度が増すことをオーストラリアの研究チームが明らかにしました。実際には歯が不健康だとうつ病になりやすいのか、うつ病だと歯が不健康になるのかはまだ明らかにはなっていません。ただ太り過ぎや痩せすぎも要因の一つとされていることから食生活は特に大事な、体内での炎症が要因の一つとなっている可能性があります。現在、口腔内細菌と腸内細菌がうつ病とどのように関わっているかさらなる研究が進められています。 ただ、うつ病は体内での炎症が発症に性疾患であると考えられており、食生活が悪かったり、太り過ぎていたりするとそれが炎症の源となり得ることから、現在、口腔内細菌と腸内細菌がうつ病とどのように関わっているかさらなる研究が進められています。

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら