二日酔いに絶対ならない?!白い炒め物

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い炒め物の正体はあわび茸と白イカ

あわび茸は中華料理で使われる高級食材の一つでヒラタケの仲間。
Dr.ピエールは食感があわびにクリソツなツルツルコリコリした食感に参っていて、最近のDr.ピエールキッチンの出現頻度高し。

あわび茸はビタミンD食物繊維が豊富なのは他のと一緒なのですが、特筆すべきことはビタミンBを他のキノコの何倍も含んでいること。
ビタミンBはアルコールを分解する過程で絶対的に必要な栄養素
またビタミンD、カリウムリンナトリウムなどのミネラル、βグルカンも非常に多く含んでいることから、体内の免疫力を高める働きが期待できる優れた食材。
そのため二日酔い防止にも良いのですが、他の栄養素とも相まって抗がん効果も期待できます。

そのアワビ茸をイカと一緒にアンチョビ、オイスターソース、香味野菜で優しく炒めます。

イカはタウリンセレンなどの抗酸化物質を含み、これまたデトックスには欠かせないので、お味だけでなく健康面でも良い取り合わせだと思います。

白い食べ物は中医学では肺を潤すとされ、乾燥や季節の変わり目の体調の変化にもオススメされます。
梅雨が始まって冷房により空気が乾燥している中でお過ごしの方も多いと思うので、そういった観点からもお試しいただきたい逸品です。

白イカとあわび茸の炒め物 医食同源レシピ

【材料】
白イカ : 1/2はい
あわび茸 : 50g
長ネギの白い部分 : 10cm…みじん切り
ニンニク : 1片 …軽くつぶす
赤唐辛子 : 1本…種を取っておく 
アボカドオイル : 小さじ1
シャンパーニュまたは白ワイン : 大さじ3

(A)
オイスターソース : 大さじ1/2
アンチョビ : 1枚…包丁でたたいておく
黒胡椒 : 少々
大葉 : 1〜2枚…粗みじん切り
 
【作り方】 
① イカは表面に浅く切れ目を入れ、一口大に切る。あわび茸はペーパータオルで汚れを拭き、食べやすい大きさに裂く。
② フライパンにアボカドオイルを温め、ニンニクと長ネギと唐辛子を弱火で炒める。
③ 香りが立ったらあわび茸→イカの順に加えて炒め、シャンパーニュを回し入れて一煮立ちさせアルコールを飛ばす。
④ (A)の調味料を加えて全体を混ぜる。お皿に盛り、胡椒と大葉を散らして完成。
※白イカに限らず、お好みの種類のイカでお試しください。

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ  

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら