イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] 目に良いサツマイモをオナラの心配をせずに食べる方法

[ドクターの㊙レシピ] 目に良いサツマイモをオナラの心配をせずに食べる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サツマイモは皮ごと食べると胃腸が整う

ピエールは外食が続いた後は食物繊維をたっぷり摂りたいと思うことがある。
どうしてもお野菜は少ないし、ワインの量も多いので胃腸を休めてあげるための儀式かな⁉️

そんな時はタイ料理のソムタム(青パパイヤサラダ)が食物繊維たっぷりで候補に上がるのですが、いざ自分で作ろうと思うと肝心の青パパイヤが手に入らないことも多い。

そんな時に作るのが食物繊維が豊富な紫芋を使ってソムタム風の味付けに。

サツマイモは皮ごと食べることがピエールのオススメ。
サツマイモの皮に含まれるヤラピン(サツマイモを切った時に見える白い液体)という消化酵素によって消化が良くなることから胃腸を整えるにも良いですし、オナラの回数を増やしません

サツマイモの中でも紫芋を選んだのは鮮やかな色あいが理由。この色はポリフェノールの一つあるアントシアニンの多さによるもの。
疲れ目に悩む方が多いので、そんな方々に是非知っておいて欲しいのがアントシアニン
眼精疲労や視力の改善、視力低下の予防に効果的なほか、血流を促進して目の緊張をほぐす効果もあります。

また、喫煙や栄養不足をはじめとする生活習慣や紫外線による酸化ストレスは視神経を傷つけたり弱らせたりして緑内障につながることがありますが、アントシアニンの持つ抗酸化力はこの酸化ストレスと戦ってくれるので、緑内障の予防にも効果的です。

サラダの味付けはレモン汁とナンプラーにスープストックでシンプルに。
お芋の甘みがあるので、通常のソムタムのようにお砂糖を加える必要はありません。
パクチーをたっぷり乗せたら、森の気配が匂いたつ素敵な一皿になりました。

紫芋のソムタム風サラダ 医食同源レシピ

【材料】
紫芋:150g
パクチー:適量
アボカドオイル:大さじ2

(ドレッシング)
ナムプラー:大さじ1
レモン汁:大さじ2
海老出汁またはスープストック:大さじ1/2

【作り方】
① 紫芋は千切りにする。

② フライパンにオイルを温めて紫芋を広げ、落とし蓋をして揚げ焼きにする。さつまいも類に含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが嬉しい。

③ ドレッシングの材料をよく混ぜて揚げたお芋と和え、お皿に盛ってパクチーを散らす。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら