イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] タイの農夫料理でスマホ疲れの目を元気にする

[ドクターの㊙レシピ] タイの農夫料理でスマホ疲れの目を元気にする

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蟹の殻に抗酸化作用あり!

甲羅と蟹味噌がタップリと残っているので、ズワイガニ料理パートⅢは華やかに疲れ目を復活させるお料理。

オマージュしたのはチェンマイの伝統料理プーオーン沢蟹の味噌を取り出してと混ぜ、甲羅に戻して蒸したレアな逸品元々は米どころであるがゆえ水田には沢山の沢蟹が生息しており、それを消費するために作られたようです。とはいえ、現地でも朝市では早々に売り切れるくらい人気なので、よほど詳しい人に事前にオーダーしてもらわない限りバンコクではありつけないかも。

蟹の甲羅が茹でると赤くなるのは、天然色素であるアスタキサンチンによるもの
アスタキサンチンには非常に強い
抗酸化作用があり、サプリメントや化粧品などにも取り入れられています。ドライアイや眼精疲労に効果的なので、外出が減ってスマホやパソコンの利用時間が長くなっている昨今には必要な成分。眼の疲れはひどくなると頭痛や肩こりの原因になるので、早めに対処してゆきたいですね!

また蟹の甲羅に多く含まれるタウリン小児の脳や神経の発達にも必要な栄養素です。
近年ではアルツハイマー型認知症を改善する効果があると期待されているから、お祝いの時に健康を祝して家族でワイワイ食べるのにも最適かも。

今回はズワイガニの身と味噌を使い、タラの芽や椎茸も加えた豪華バージョン。
蟹味噌の旨みをいかして調味料は加えずに仕上げました甲羅を使って見た目に美しく目に優しい一皿、是非お試しください。

プーオーン和食バージョン 医食同源レシピ

【材料】
蟹の身と味噌
椎茸
タラの芽(お好きなお野菜で)
卵黄

【作り方】
①椎茸とタラの芽は小さめに切り、全ての材料をボウルに混ぜ合わせて甲羅に詰める。

②甲羅を下にしてフライパンに並べ、蓋をしてごく少量の白ワインで蒸し焼きにする。

③8割がた火が通ったらひっくり返して卵の面に軽く焼き色を付ける。

④同時に添えるお野菜も焼いて、完成!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

【Rejuvenate your eyes with Thai farmer food 】

I would like to introduce the snow crab menu good for dry eyes.
The idea came from traditional Chiang Mai dish ‘Poo Oong’, steamed river crab miso with eggs stuffed in a shell. It was made to consume a lot of river crabs that live in paddy fields. It’s a popular dish locally, but difficult to find in Bangkok.

It is due to astaxanthin that the crab shell turns red when boiled.
Astaxanthin has a strong antioxidant effect and is effective for eye strain.It is a necessary ingredient these days because we spend so many time in smartphones and PCs.Taurine is good for restoring brain function and effective for preventing dementia.

I made a Japanese version with snow crab meat and miso, with vegetables and shiitake mushrooms added.
It’s a beautiful plate and also gentle for the eyes!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら