イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 免疫力アップのためにハマグリを食すと良いわけ

[ドクターの食卓から] 免疫力アップのためにハマグリを食すと良いわけ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハマグリにはビタミンB12が豊富

貝からはみ出しそうなほど丸々と太った旬のハマグリ黄ニラのスープ蒸し。

このお料理はひな祭りの季節にご紹介させていただきたい。ハマグリがひな祭りのお料理に使われるようになったのは、同じ貝の貝殻でなければぴったりと合わさることができない事から、生涯一人の人と添い遂げるようにという願いが込められているため!

そしてハマグリはその素晴らしい味だけでなく、免疫力に置いても注目すべき食材です。
その理由は、生の魚介類ではトップ10入りをするビタミンB12の豊富さに拠ります。

ビタミンB12で免疫力を上げる!

これまでビタミンB12は主に貧血対策や神経痛で注目されることが多かったのですが、最近は免疫力アップに効果的ではと話題になっています。
なぜ免疫力が上がると言われるのかというと、体内に侵入した敵(細菌やウィルス)をすぐに発見して退治してくれる”ナチュラルキラー細胞”の働きがビタミンB12注射によって高まったという研究結果があるためです。

ビタミンB12は野菜や果物にはほとんど含まれないない栄養素。高齢者で下がる傾向がありますので高齢者の方は特にハマグリをはじめとした魚介類からしっかり摂っていただきたいたいです。

そしてハマグリに合わせたのがピエールの大好物である黄ニラ。
柔らかな食感と香りは2月のものが最高と言われており、こちらはβカロテンが豊富。

βカロテンは体内でビタミンAに変換されて口や鼻、皮膚などの粘膜を菌やウイルスから守ってくれる働きがあるので免疫力アップの応援団としては最適ですね。

と考えるとハマグリと黄ニラの組み合わせはインフルエンザもコロナにも勝たせてくれるのではないかという期待をしてしまうのはピエールだけでしょうか。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら