イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] エビとカニの中間な驚きのエビ!?

[ドクターの食卓から] エビとカニの中間な驚きのエビ!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

殻ごと食べる腰折れエビ

その名も腰折れエビ。
この可愛らしいエビは最初からこの折れた姿で水揚げされる。
尻尾の部分が折れ曲がって腹の方に畳み込まれていて、これがもっと極端に畳み込まれるとカニに分類される、つまり“カニとエビの中間”という学術的にも面白い甲殻類。

静岡や愛知などで獲れるとのことですが、他のエビや魚の網に混じって上がってくるだけで漁獲量が少なく、主に産地で消費されて市場に出回らないというレアなエビ。

ただし小さいぶん食べるところは少なく、殻に強い旨みがあるのでお味噌汁に入れて楽しむのが一般的だそうですが、これを丸ごと楽しめるようにしてしまったのが三つ星シェフの技とアイデア。

揚げてあるので全部召し上がれます、と言われ半信半疑でポキポキと折りつつ口にしてみると、これが驚くほどサクサクの食感。
殻の香ばしい旨みに時々現れる身や味噌の甘みが絡まって、レモンのソースがアクセントに。
ピエール的にはこんなに小さなエビ1尾が完成されたお料理になるという奇跡のような一品。

エビの殻にはアンチエイジング効果あり!

実は殻を食べるとアンチエイジングにも最適。
エビの殻に含まれる天然の赤い色素「アスタキサンチン」には強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑えてお肌、筋肉、脳などのカラダの健康を保ってくれます!

食材を大事に、そして大胆に。
ピエールもお料理にそんな気持ちで向かい合いたいなと思った夜でした。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら