イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] カラスミ大根に蜂蜜を加えればコロナも退散するかもという話

[ドクターの食卓から] カラスミ大根に蜂蜜を加えればコロナも退散するかもという話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大根は消化を助け、免疫力をアップする野菜

定番のカラスミ大根ハチミツがかかってきた!
これが味も良いのだけど、栄養的にも良くできているセンスの良い逸品。

大根は古くから消化に良いとされてきました。その理由はジアスターゼやグリコシダーゼが豊富に含まれていて、食べ物の消化を助けてくれたり、腸の働きを整えてくれるから。

また大根の辛味成分、ラファサチンは免疫力を高めてくれるので、風邪を治したり、がんを予防したりなどの効果にも期待大

カラスミ大根+ハチミツは免疫力上げあげの前菜!

実はハチミツにも大根と同じように整腸作用と肺を強くしてくれる作用あり。

ハチミツはオリゴ糖やグルコン酸によって善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるだけでなく、過酸化水素による抗菌作用によって善玉菌を傷つけることなく、悪玉菌を減らしてくれるので下痢にも便秘にも効果的。

またハチミツのグルコン酸の殺菌力は呼吸器系細菌の増殖を抑え、痰の切れもよくしてくれることが古くから知られています

極め付けはボラの卵巣を加工したカラスミ。
これにも肺を強くするビタミンA(レチノール)がたくさん含まれているので、結論としてはカラスミ大根+ハチミツは免疫力上げあげの前菜ということに。

コロナの脅威がはっきりしないこの時期だから、普段から良く食べるお食事にちょっとしたアイデアを加えて体調管理していきたいですね。

ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには食べさせないで!

ハチミツは1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品ですので注意が必要です。

ボツリヌス菌は熱に強いので通常の加熱や調理しても死にません。
1 歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べると乳児ボツリヌス症にかかることがあって危険ですので、1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は食べさせないようにしましょう!

厚労省HP:ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

ハチミツとメープルシロップについて知りたい方はこちらの記事をお読み下さい!
メープルシロップと蜂蜜はどちらが健康に良いのか

 

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら