イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から]ウナギとビタミンAと甲状腺

[ドクターの食卓から]ウナギとビタミンAと甲状腺

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中で愛されているウナギ

もし地球最後の日があるならば、汽水で獲れたウナギを地焼きにして食べて最後の夜を過ごしたいと思っているほどピエールは無類のウナギ好き。

世界を旅しているとウナギに出くわすことは意外と多い。イギリスでもウナギのゼリー寄せはテームズ川の名物だし、フランスでもウナギの赤ワイン煮もロワールの名物だからワールドワイドに愛されている食材と言えるかも!

でも振り返ってみると中華料理ではあまりウナギを使うイメージがない。 ご縁がなかっただけかもしれないけど、これだけ中国産のウナギがたくさん入ってきているのに不思議といえば不思議。
ところが今夏の日本ではウナギときゅうりの炒め物やウナギの甘酢餡かけなどやたらとウナギ料理を数多く出現。なんででしょうね⁉️

「ウナギの甘酢餡かけ」

調理方法は全く違うのに、不思議なことにいずれの国でも元気になる食材として扱われているウナギ。
それはウナギのパワーの源はビタミンAが一番含まれているから!!

ビタミンAと甲状腺の関係

ビタミンAは甲状腺ホルモンとすごく仲良しで、協調して働いているので、ビタミンAが不足すると甲状腺ホルモンが低下しているような症状になることも。

例えば、以下のような症状

  • 皮膚や目の粘膜のトラブルを抱えている人
  • 不妊症・不育症で悩んでいる人
  • 感染症にかかりやすい人
  • 味覚、嗅覚が落ちている人
  • お子さんの成長が遅い気がするetc.

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、摂りすぎることが怖いと思っている人が少なくありません。
様々な国で体調がイマイチ優れない人に対して何千回も検査した経験をもとにお話しするなら、少しでも体調に不安がある人ではビタミンAが少ない事はあれ、多すぎることはありません。

小さい頃身体が決して強い方ではなかったピエールは、おばあちゃんにことある頃に“疲れたときはウナギを食べなさい“と言われた記憶があるけど、それはあながち間違いではなかったんだなと思う長月の夜です。

「ウナギときゅうりの炒め物」

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら