イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 牛骨スープは腸の健康に良いのかを考察

[ドクターの食卓から] 牛骨スープは腸の健康に良いのかを考察

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸は免疫の要

2年前の夏は韓国の友人に誘われてソウルを旅していた。
彼が面白いのは、この店ではこれが美味しいから他のものは食べなくて良いというスタイルなこと。

さて二人で飲みすぎた翌日に、これを飲めば絶対に元気になれるとお昼に連れて行ってくれたのが市場近くの牛骨スープのお店。
ニューヨークやロサンゼルスなら「ボーンブロス」と呼ぶだろうスープは牛、鶏、豚などの骨からとったスープのことで、長時間煮ることで得られるグルタミン、グリシンなどのアミノ酸やミネラルが腸に効くと話題。

腸は免疫の要と言われていて、ここがダメージを受けると慢性炎症(TNFαなど)を引き起こすことにより様々な病気の火種になってしまいます
安倍元首相の潰瘍性大腸炎もそうだし、うつ状態、アトピー性皮膚炎、腰痛、関節炎、糖尿病、肥満、がんや認知症まで慢性炎症が関わっている病気は無限にあります。

ボーンブロスでダメージを受けた腸を修復!

難しい話を無理やり短くすると、ボーンブロスは以下のように腸を修復してくれます。

1 ゼラチンが水分を吸収するので、粘液の層が厚くなる
2 ゼラチン、グリシンは慢性炎症の広がりを減らす
3 グルタミンは消化管粘膜と腸壁の免疫力を高める
4 グリシンが睡眠の質を上げて、寝ている間に身体の修復力を高める

それなら毎日牛骨スープや豚骨スープを飲んでいれば腸は絶好調なのかというと、やはり腸へのダメージを減らすことが何より大事。

腸にダメージを与える可能性があるのは、グルテン、乳糖、アルコール、カビ毒、添加物など人によってそれぞれ。
この日のピエールであれば、前日のアルコールによって腸に生じた火種(炎症)をスプリンクラー(牛骨スープ)で消したということになります。つまり、最初からそんなにたくさん飲むべきではなかったってこと。

慢性炎症による病気を治すには引く(デトックス)だけでも、足す(サプリ、ボーンブロス)だけでもダメ。足し算と引き算がシーソーのように上下しているので、うまくバランスをとっていく必要があります。

体調が悪い時は余計なもの、つまり火種を減らしながら、必要なものをしっかり足すことで消化活動をする必要があるということです。

少し難しい内容だったかもしれないけど、最後までお付き合いありがとうございました。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら