イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 頭の回転がキレッキレになるマグロかな

[ドクターの食卓から] 頭の回転がキレッキレになるマグロかな

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症予防にはお魚を食べよう!

ピエールは小さい頃に“魚を食べると頭が良くなる“と言われて育った走りの世代。
その時は子供心にホントかよって思ってたけど、30年以上経った今、お魚をよく食べる食事スタイルは健康的とする研究が世界中で発表されている。その根拠の一つがお魚を日常的に食べていると認知症を予防できるという話。

日本人が多く食べる魚の代表といえばマグロ
マグロや青魚に多く含まれるDHAEPAなどのオメガ3脂肪酸は動脈硬化を予防するだけでなく、慢性の炎症を抑えてくれることで脳が壊れてしまうのを抑えてくれる。またマグロの赤身には良質なたんぱく質を含んでいる上にストレスの軽減に関わるビタミンB3(ナイアシン)が多い。
ピエール的には酒飲みでは減りがちなビタミンB12が血合いに多いので機会があれば食べるようにしてます。

ピエール的、頭の回転を良くする方法

最先端の脳科学をもとに頭の回転を良くする方法をピエール的にまとめると…
❶酸化と糖化ストレスを減らす
ビタミンミネラルを不足しないようにして、ホルモンの活性を高める
❸有害金属を減らすこと
そういった観点からするとマグロは水銀などの有害金属を含んでいるから食べないほうが良いって話をする人もいるけど、これだけ環境汚染が進んだ世の中に完璧な食材というのはもはやないと考えた方が良いのではないかと思っています。
ちなみに水銀を少しでもデトックスしたければ、お食事の時にマグロと一緒に水溶性食物繊維を摂るのが一番
そういう観点からは刺身のつまとして大根を食べるのは日本人の英知ですね。

日本人と同じくらいマグロを愛しているかも知れないのがシチリアの人たち。
写真のように香草やアグラッサートという玉ねぎを焦がしたソースと一緒に軽く焼いて食べればマグロの新しい魅力を感じることができるはず。

頭を良くすることに励んだり、頭の回転を鈍くするアルコールを飲んだりと忙しいけど、日々楽しんでやっているからまあ良しとしようかなと思う。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

アンジェロコート東京
東京都中央区八重洲1丁目9−9 東京建物ビル1F

 

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら