イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] よもぎはアレルギーをスプリンクラーのように消してくれるかもという話

[ドクターの食卓から] よもぎはアレルギーをスプリンクラーのように消してくれるかもという話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よもぎとホルモンの関係

氷の器が見目麗しい冷やしよもぎうどん。
トロロとを鮎を一年以上寝かせて作ったお出汁で食べれば不思議とどんなに暑い夏でも乗り切れる自信が湧いてくる。

よもぎは草餅や草団子でもお馴染みですが、実は医療現場でも「モグサ」としてお灸に使われてます。
漢方では病を止めると言う意味の艾葉(がいよう)といい、アトピー性皮膚炎、婦人科疾患などの体質改善に使われてきた歴史も。

免疫栄養学の視点からは、よもぎには成長ホルモンや甲状腺ホルモンの働きを高めるβカロテンが多いのが特徴。こうしたホルモンがキチンと働くと新陳代謝が多い部位、例えば粘膜、髪の毛、お肌や粘膜の再生が促されますそれだけでなく、よもぎに含まれるクロロフィル(葉緑素)は体内で血液を作る働きもあるので、組織に酸素や栄養素が運ばれることにより更に新陳代謝がアップする特典まで。

よもぎには炎症効果あり!

よもぎがアトピー性皮膚炎を始めとするアレルギーになぜ効くのかが、最近の研究でその理由の一端が解明されました。
アレルギーでは、TNF-αやNF-κBと呼ばれる慢性の炎症が体内に溢れています。こうした物質はアレルギーだけではなく、認知症、腰痛、癌などの数多くの病気の原因となることが知られています。よもぎはこうした慢性の炎症をスプリンクラーのように抑えることができるのですね少し難しすぎたらゴメンなさい。

まとめると、よもぎは身体の再生を速めると共に慢性の炎症によるダメージを抑える攻守にバランスの良い食べ物ってことです。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら