イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 髪の毛を増やしたいときの名コンビ

[ドクターの食卓から] 髪の毛を増やしたいときの名コンビ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モズクやワタリガニは髪の毛の救世主

ピエールの目下の悩みは髪の毛のこと。
最近とみに同僚から薄毛を指摘されることもあり、薬やら食事やら色々と試行錯誤中!

20年以上の付き合いの先斗町のお父さんとも言える大将が知ってか知らずか満面の笑みと共に出してくれたのが、やたらと立派なワタリガニとモズクの一品。
最近は珍味系は中国との競争も激しく、本当に立派な食材が手に入りにくくてしょうがないと愚痴こぼしてた。

モジャモジャして髪の毛のようなモズクは中華圏では’海髪菜’と呼ばれており、医学的にも髪の毛の救世主。
モズクのぬめりの成分である「フコイダン」には毛が抜けるのを抑えると同時に、発毛を促すというダブルの効果があるのです

また、モズクにもワタリガニにも髪の成長に欠かせない亜鉛マグネシウムなどのミネラルが豊富なので、薄毛に悩む人だけでなくボリュームのある美しい髪を保ちたい人にも効果的

食物繊維をバランスよく摂ることで発毛対策に!

一般的に髪の毛を増やすためには、髪の原料となる物質のほかに発毛を促進させるホルモンが必要不可欠
そのホルモンをきちんと働かせるためには腸内環境を整え、体内の慢性的な炎症を抑える必要があります。

めっちゃ短縮するならば、水溶性食物繊維不溶性食物繊維をバランスよく摂ってお通じを良くすることは育毛につながるってこと!

カニは不溶性食物繊維が豊富なうえ、殻に含まれる「キチンナノファイバー」にも発毛効果があるという実験結果が近年発表されています。
またモズクはフコイダンの他にアルギン酸というもう一つの水溶性食物繊維を含み、有害物質をウンチと共に体外へデトックスして腸内環境が改善されるので、やはりこの二つの組み合わせは髪の悩みには最高のコンビ。

ちなみにお酒を飲むと睡眠時に分泌される成長ホルモンの量が大幅に減ってしまうので、薄毛対策にはアルコールは決してオススメできません…。

でもモズクとお酢を飲酒前に摂取するとアルコールの分解が促進される効果もあるので、たくさん飲む日はモズク酢を頼んでぜひ薄毛予防を!

くしかんざし久
京都市中京区下樵木町192

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

The splendid #swimmingcrab with ‘mozuku’, one of the kind of brown alga.

These are the perfect ingredients for Pierre, because I care about the thinning hair lately.The ‘fucoidan’ contained in mozuku has the effect of suppressing hair loss and promoting hair growth.

In addition, mozuku and swimming crab are rich in minerals such as zinc and magnesium that are essential for hair growth.To increase our hair, hormones to promote hair growth are needed.And in order for those hormone to work properly, it is necessary to prepare the intestinal environment.In other words, taking the soluble and insoluble dietary fiber leads to hair growth.

Crab is rich in insoluble dietary fiber, and mozuku contains another water-soluble dietary fiber called alginic acid to improve the intestinal environment.
So these two are the best combination for various hair problems!

 

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら